タスクマネージャーで重いソフトウェアを発見して復旧するには?

パソコンに新しく購入したソフトウェア(SOFTWARE)やインストールしたユーティリティーを
インストールして使い始めたら、パソコンの処理速度が遅くなったり指示が重くなった、といった
不具合的な様子の変化が見られた場合は、
『Windows タスクマネージャー』【Windows Task Manager】という搭載機能で
ソフトウェア的な不調の原因を特定して、速度の復旧のための参考にするが出来ます。
まずはウインドウズパソコン(NT系:4.0、2000、XP、Vista、7、8/8.1、10、Server)の
デスクトップ画面の表示中に、キーボードのボタンの
Ctrlキー・Aitキー・Deleteキー(コントロールキー・オルタネートキー・デルキー)の
3つを同時に押して、『Windows タスク マネージャ』を開きます。
この画面には、アプリケーション、プロセス、パフォーマンス、ネットワーク、ユーザー、というタブがあります。
まず『アプリケーション』は現在使用中のソフトウェア一覧が表示されます。
『プロセス』には各位ソフトウェアのプログラムがどれだけCPU(中央制御装置)を
使用しているかが表示されます。
『パフォーマンス』では、CPU使用率、PF使用量とそれらの使用履歴、
その合計・物理メモリ・コミットチャージ・カーネルメモリの値が表示されます。
『ネットワーク』ではインターネットなどネットのみでの使用率が見れます。
『ユーザー』では、現在アクティブ中のユーザーアカウントが表示されます。
タスクマネージャーを開いてから最初に表示されるパフォーマンスでCPU使用率
100%に近い状態であった場合は性能ギリギリまでパソコンに負担をかけてしまっていることになりますので、
アプリケーションソフトを軽くする処理を施して復旧を行っていくことも重要になります。





このうち、『ソフトウェア』が各機能でどれくらいメモリの容量を使っているかは
プロセス』で確認できます。
CPU使用率のパーセンテージが非常に高い状態で、そしてメモリをやたらと高い数値で
占有している項目がありましたら
そのソフトウェアのプログラムが主な動作遅延の原因であると言えるでしょう。

具体的な解決策

・メモリを多く使っているソフトの機能をいくつかオフに切り替える。
・ほとんど使わないソフトウェアをアンインストールする。
・あまりCPU使用率を圧迫しない別の軽いソフトをメインで使用する。
リムーバブルディスク(USB接続機器)は普段外しておく。
・内蔵メモリとCPUを高い性能の新製品に交換してもらい復旧をする。
また、不正な問題のあるソフトウェアを導入している場合にも、
隠されたスパイウェアの影響などで動作が遅くなることもありえますので
ユーティリティーのインストール・セットアップの前には注意して確認しましょう。
不調の原因がわからない場合は、そのまま放置しておくと故障率が確実に上がってしまいますので、
早いうちに専門のパソコン修理サービスに見てもらい、問題のある箇所を直してもらわれることを推奨します。