カスタマーサポートセンターに電話が繋がらない時は?

パソコンやサーバ・プリンター・スピーカー・キーボード・ソフトウェア・マウス・
液晶モニター・オーディオ機器・その他OA製品など、あらゆる電子機器は
その大多数に、開発・販売元の会社にてカスタマーサポートサービスが実施されています。

電話や電子メール、窓口にてお問い合わせをされることで、
機器の故障やシステム上の不具合が発生した際にどう対処すればよいかを聞くことができるのですが、

回線の混雑により電話をしてもなかなか繋がらなくてすぐに対応が取れない、
というケースもよくあります。

MicrosoftやAppleサポート・SONY・東芝・日立・富士通・NEC・Acerなど
大手企業のカスタマーサポートセンターでは特に混雑が激しく、
平日の日中時間ではなかなか係員の方へ繋がりにくいことが度々あります。

自動音声で「しばらくお待ちいただくか、しばらく後でお掛け直しください。」
といった録音メッセージが流れます。

朝方や夕方以降の時間帯でしたら比較的空いているため、
多少後でも構わない場合はこのあたりの時間帯で電話を掛け直してみましょう。




緊急事態で少しでも早く解決したい、という場合でもなかなか繋がらない時もあります。

そんな時はもう一度、マニュアルを読み直してみたり、
インターネットのユーザーサポートお助け掲示板を見て、
よりよい解決策がないかどうか探されてみる手段も考慮されてみてください。

意外なことが原因で、自力であっさりと解決できることもあります。

また、かなりの時間が経ってようやく繋がった、という時には、
状況を正確に伝えるためにまずは冷静に、気分を落ち着けることも大切です。