失ったファイル修復のデータ復旧サービスセンターとは?

お使いのパソコンやRAIDケース、NAS、サーバ、レコーダー、デジタルカメラなどのコンピューター製品が
故障してしまったり、会社内で運営しているPCやサーバーが破損して
中の貴重な大容量データが読み込めなくなった場合や、間違えてデータ記憶装置を
フォーマットしてしまったり、うっかり必要なファイルを削除してしまった場合、
大事なファイルやシステムを失ってしまいます。

しかし、パソコン修理サポートとともに、あるいは単独で運営されています、
『データ復旧サービスセンター』の会社にて、失ってしまった内部のファイルや
プログラムを復元・または抽出してもらえることをご存知でしょうか?

まず、誤って消去したりフォーマット・再セットアップで消してしまったデータは
直後でしたらまだ痕跡が残っていますので、専門の修復技術のサービスでしたら、
より確実に消えたファイルやフォルダを復活させてもらえます。

特に、NASやサーバ、RAIDケースといった電子機器は、WindowsやMac OS Xのパソコンでは
通常、ハードディスクを取り出してUSB接続をしてみても、ファイルシステムの
フォーマットの違いにより、データの読み取りができない場合が多いため、
プロのデータ復旧サービスに提出して、必要なファイルの救出をしてもらうことになります。




コンピューターのHDDケースといった機器が物理的に故障してデバイスから完全に
認識がされずにデータが読み込みできなくなってしまい、システム的には手の打ちようが
なくなった機材でも、データリ救出サービスのクリーンルームにて分解作業による
内部データーの取り出し・他のリムーバブルディスクなどへの移し変えをしてもらえます。

論理障害だけでなく、重度の物理傷害からの回復もプロの業者にて、高確率で可能です。

また、必要なファイルをHDDやSDカード、USBメモリなどから削除してからも何度も上書きを
していなければ、まだ残されている拡張子の痕跡データを元に復元してえまさう。

PCのマイコンピュータ(HDD)だけでなく、USBメモリーカードやMO・RAID・NAS・
SSD・外付けHDD・SDカード・CD/DVD/BD・メモリースティック・サーバ、NASなど、
ほとんどのデジタルデータ保存機器にて対応されていますので大変助かります。