MacのOSのパソコンのトラブルを確認して直す方法とは?

MacintoshのPCをはじめとする、Apple製のコンピューターの数々の製品に搭載されている、
masOSといったオペレーティングシステムのパソコンに、
ソフトウェアや動作の異常が発生した時、どのような原因でトラブルが起きているかについて、
まずは大まかなチェックによる判別と、その後での復旧をするにはどうすればいい?という疑問について。

macOSのシステムに起きた不具合の問題を確認するには?

まず、Macintosh(マッキントッシュ)のパソコンの、OSのソフトウェア的な問題なのか、
それともハードウェア(機械・部品)の故障によるものかを判別するのが、第一のポイントです。

現状では、masOS(Mac OS X)のシステムと製品には対応されていないソフトウェアやプログラムが多く、
WindowsのOSのみに対応されているユーティリティーが、やはり一般的には多めです。

MacBookやiMacのパソコン、またiPhoneやiPadなどにプログラムを保存しても使用ができず、
下手をすればシステムエラーに繋がる可能性もあります。

ソフトウェアなどをAppleのMacintoshのパソコンにインストールされる際には、
対応されている動作環境やOSについて、よくチェックされてみるのが安全です。




Macパソコンでコンピューターウィルスの感染を検査するには?

次に、Macの製品はWindowsほど需要は広くない分、コンピューターウイルスといった、
有害ファームウェアなど外部による攻撃は、Windowsに比べて受けにくい面もあります。

ですが、それでも逆にセキュリティ対策をされていないとインターネットから知らず知らずのうちに、
コンピューターウイルスの感染によるデータの破損などの、大変な被害を受けてしまう可能性もあります。

なので必ず、性能の高いウイルス撃退ソフトはMacパソコンにインストールしておきましょう。

オペレーティングシステムのエラーから修復をするには?

次に、オペレーティングシステムでトラブルが発生して正常に稼働ができなくなった時に、
macOSのパソコンのエラーなどのトラブルから修復をする場合について。

まず、何かのアプリケーションソフトをインストールした後でパソコンに不具合が出始めた時は、
一度、そのユーティリティーをアンインストールするか、機能の一部を無効にすると、
macOSのパソコンが元の状態に戻る可能性があります。

多くの問題は、AppleのmacOSに標準で搭載されている「Time Machine」(タイムマシン)の機能で、
以前のパソコンの状態に巻き戻す形で、復元することもできます。

また、MacのOSのパソコンの速度が遅くなった時に修復するには?という疑問については、こちらのページにて。

メモリの容量が足りていない場合には、交換・増設をするとスムーズになる見込みがあります。

また例として、macOSのアップデート中やインストール中にエラーが起きた場合の解説も参考までに。

システムの更新に失敗した時は、場合によっては再度のインストールやリカバリーを行ってください。

外付けのストレージにデータをバックアップする

次に、外付けのHDDやSSD、RAIDケースやNAS、DVD-Rといったストレージに、
定期的に手動で、または自動更新でデータをバックアップすることも大切です。

macOSなどのパソコンが故障した時は、コンピューターウィルスによってデータが破壊されたり、
ハードディスクやSSDが損壊して開けなくなるケースもあるためです。

また、クラウドストレージのサービスに登録をして、特殊な専用のフォルダーを作成すると、
その中に保存されたファイルを、自動で転送してネットワーク上にバックアップをすることもできます。

これらのストレージに、定期的にMacintoshパソコンのデータをバックアップしておけば、
コンピューターを修理した後に、まだ使用するファイルを入れ直すことができます。

また、後に別の新しいパソコンに交代をする際にも、いつでもファイルをサルベージすることができます。

故障したパーツを交換してPC本体のトラブルを直すには?

またmacOSの問題ではなく、HDDやSSD、マザーボード、メモリ、CPUといったパーツが破損していたり、
落雷による電源回路の損壊や、埃の溜まり、老朽化や水害などの、物理的な障害で故障することもあります。

もし、どこかのパーツがクラッシュしていると思われる場合には、
電源を起動した際のビープ音の鳴り方や、ステータスインジケータランプの点滅などを確認してください。

状態に合わせて、コンピューターのどの箇所で不具合が起きているかを、ある程度判別することができます。

機器の損傷といったトラブルが深刻な状態で、自身では修復するのが難しそうでしたら、
あまりそれ以上は起動させずに、プロのパソコン修理サービスのサポートにて、
一度 故障の状態と原因を確認してもらい、直してもらわれることをおすすめします。