パソコンのデータの取り出しによる問題解決の方法とは?

データファイルやプログラム、システムが不測の事態で消滅または破損した時のために、
大事なデータはすべて外付けハードディスクや他のパソコン、ストリーマなどの中に
バックアップ・コピー(backup copy)を取っておくことが重要です。

しかし、作成中だったコンテンツのファイルが完成の前に壊れてしまったり、
システムを完成させた時に性能が十分出なかった場合にそのミスの原因を調べて直す
パフォーマンス・チューニング(performance tuning)を行う直前あたりで
深刻な障害が発生してしまう問題も稀に起こりえます。

データが元に戻せなくなるトラブルとは?

まず、アンチウイルスソフトやデスク・アクセサリーなど、メインメモリに常駐して、
常に一定の間隔内にてプログラム更新作業を続けている、
主記憶常駐型プログラム(TSRプログラム・terminate and stay resident program)の
細かい段階ごとの更新データまでは元に戻らない可能性が高いです。

(自動更新バックアップソフトを使っている場合は、保存時間の間隔設定にもよります。)

ですが、上記のようなトラブルでしたら、論理的(プログラム的)な障害ですので
まだ「システムの復元」や「シャドウコピー」、「バックアップと復元」といった
OS上の様々な回復機能や専用のツール、サービスで、一定の確率で問題を解決することができます。




ストレージの内部の回路が破損した時は?

次に、コンピューターの内部に積まれている、データを保存している記憶装置の
内蔵ハードディスクドライブ(HDD)やメモリディスク(SSD)、USBメモリが、
内部の回路が故障してしまい読み込みできなくなると、かなり困難になります。

内蔵された補助記憶装置やUSBの周辺機器(peripheral equipment)、どちらの補助記憶装置も
物理的に部品や回路が老朽化や水害、異物の混入、強い衝撃や圧迫による破損などで
壊れてしまうと、OS自体が起動できずに上記のプログラムが一切使えなくなります。

HDDなどの部品の取り外しをしてもらう

あまりパソコンの中身に詳しくない方は、本体ごとサービスセンターに送付して、
HDDなどの部品の取り外しも、専門業者の方で行ってもらうのが安全です。

パソコンやノートPC、サーバの中からハードディスクなどのパーツを取り出して
更にそこから、中に書き込まれているデータを、専門の復旧サービスの業者の方で、
専用の設備と技術によって取出ししてもらうのが、最も確実な問題解決の方法になります。



デジタルデータリカバリー

パソコンが壊れた時の問題解決の方法の例

次に、データの救出の方法について、よくあるご質問の、
壊れたパソコンやSSDから自分でデータを取り出しできますか?」というご質問について。

まず、パソコンのうち、電源ユニットやマザーボード、メモリ、CPU、ノートパソコンの液晶モニターなど、
別の部品が壊れているだけでしたら、そこのパーツを交換して、また起動できるように修理する手法があります。

また例として、パソコン修理専門店のお直し隊 様での、電源が入らないパソコンから格安でデータを復旧 の解説も参考までに。

あるいは、HDDやSSDを取り外して別のパソコンやHDD変換アダプターに付け替えて、
ボリュームを読み込む手法で、再びデータの開き直しができます。

HDDやSSDが壊れた時の交換によるパソコンの修理とは?

また、よくある間違いの一例として、HDDやSSDそのものを修理してもらうのではなく
書き込んだファイル群を読み込んで別のデータ記憶装置に移し変えてもらうのが、
ほとんどの場合でのデータ取出しによる問題解決方法の、普遍的な作業となります。

今まで使っていた方のデータ記憶装置は壊れているため、パソコンの修理の際には
専門のサービスで新しいハードディスクやSSDに交換してもらう、という具合になります。

補助記憶装置を取り出してデータを読み込みする方法とは?

また、エレコム(ELECOM)といった店舗で販売されている、
市販の外付けのハードディスクケースに、取り外したHDDを差し込みする手法が役立ちます。

ほか、DVD-RAMから読めないデータを取り出しする方法については、こちらのページにて。

補助記憶装置をケースに取り付けてセットしたら、正常に起動できるパソコンに、
USBケーブルで接続して、内部のボリュームのデータファイルを開くことができます。

ハードディスク自体が破損してデータが開けない時は?

しかし、ハードディスクドライブ自体が破損して壊れていると、
パソコンに接続しても、内部のデータが読み込みできなくなります。

また、ヘッドクラッシュといった重度の故障が起きている時は、
モーターを回転されると破損が悪化する危険が高いため、それ以上の通電はお控えください。

一般の方では記憶装置を分解して中の回路からデータを抽出する作業を行うことは、残念ながら不可能になります。

その際には、やはり専門のリカバリーのサービスでの設備とルーム、修復のための技術が必要になります。