ドキュメントのデータを別のパソコンから取り出しするには?

ウィンドウズのエクスプローラーで表示される、Cドライブの特殊フォルダーの
「ドキュメント」(Documents)を管理して日々データを保存していると、
ある日パソコンが故障してしまい、ドキュメント内のデータが見れなくなったたため、
内部のファイルを取り出しするにはどうすればいい?というご質問について。

まず、別のパソコンをもう一台お持ちであれば、そちらのパソコンに
ハードディスクを増設するか外部接続をして開く方法があります。

壊れたパソコンからHDDを取り出して、SATA/IDE用のHDDケースに接続し、
別のパソコンとUSBケーブルで読み込みします。

デスクトップパソコンの予備がある場合は、空いているドライブベイに
ハードディスクを一時的に増設して開くこともできます。

ローカルディスク(G:)など以前と別のアルファベットで認識されます。

ボリュームのアイコンをクリックして中身のフォルダーの一覧を開きます。

アルファベット:→ユーザー→ユーザー名→ドキュメント(Documents)と進んで
ディレクトリを開くと、保存されている個人ファイルが表示されます。

別のパソコンのCドライブや外付けハードディスクなどの場所にコピーしてバックアップを行います。

新しいパソコンのローカルディスク(C:)の方にエクセルやワードを
またインストールすることで、特殊な拡張子も通常であれば開くことができます。





別のパソコンをお持ちでなくて、OSのみが破損した状態でパーツ自体は無事であれば、
Linuxディストリビューションの「Ubuntu」をDVDブートで起動して、
そちらのOSからパソコンを立ち上げてみます。

ドキュメントのフォルダーを開いて、バックアップしてデータを取り出しします。

ドキュメントの管理

「ドキュメント」(document)とは文書や書類という意味で、
コンピューター上では説明書・仕様書という意味の用語です。

Windowsでは『マイドキュメント』(ドキュメント)の特殊フォルダーなどが代表的ですね。

また、ドキュメンテーション(documentation)とは ご利用方法や仕様書を
ドキュメントファイルにして取扱説明書(マニュアル)を作成することを指します。

ソフトウェアのアプリケーション・ウィンドウを開いている時、一時的に別に開かれる
専用画面のことは「ドキュメント・ウィンドウ」(document window)と呼びます。

これらはディレクトリ上での容量が膨大になり複雑になってしまうことが多いため、
時には「ドキュメント管理システム」のプログラムツールをインストールして、
大量に作成・保存したデータをドキュメントライブラリにして整理します。

そして、いつでも見やすく出来るようにフォルダのコントロールを行うと便利です。

ドキュメントなどのフォルダーを効率的に管理する、たとえばディレクトリ(フォルダー)が
無数に作られた階層が深い状態の時に独自のカテゴリーに分類してドキュメントを
探しやすくする機能など、便利なソフトウェアも数多く販売されています。

他、パソコン上やインターネットにアップロードされたPDFファイルで閲覧する
ドキュメント・リーダー(document reader)といったソフトウェアも販売されています。

ハードディスクやSSDの取り外しが難しそうな場合は、専門業者の
データ復旧サポートセンターにて取り出しの依頼をされてみることをおすすめします。



『「ファイルの取り出し」のカテゴリーの前後のページ』

«

»