電源が止まってデータを喪失するのを防ぐ対策

デスクトップ型パソコンやRAID、NAS、サーバー、レコーダーといった
据置型のハードウェア製品の多くは電源コンセントから電力を供給して稼働する分、
急に電力が遮断されるトラブルに弱い難点もあります。

電力供給遮断のトラブルの例としまして、電源ケーブルをうっかり引っ張って
コネクタから抜けてしまう、間違えて電源スイッチをオフにしてしまう、
専用の機器を稼働させたまま動かしたら止まってしまった、
停電で電力の供給が止まったり、落雷で電化製品がショートした、などの状況があります。

内蔵バッテリーが搭載されていて電源コンセント・アダプターがなくても起動を継続できる
ノートパソコンなどの機器は電源コードを差して充電中に使っている時に
急に電源が途絶えてもまだ電池に残った電気分だけしばらく継続して使い続ける事もできます。

ですがバッテリーが搭載されていない、予備電源が用意されていない機材は
電力が瞬間的に途絶えただけでもそのまま稼働が止まってしまいます。

電源ユニット

特にデスクトップPCやサーバ、外付けHDD、ネットワークドライブといった
「ハードディスクドライブ」を使用している機器が急に止まると危険です。

HDDは機材の起動中にスピンドル・モーターが常時回転して
プラッタ(円盤)にデータが読み書きされています。

メモリーカードの場合はある程度丈夫で壊れにくいのですが、ハードディスクは
コンピューターの中でも最もデリケートな精密機器であるため、正しい手順でのシャットダウン以外で
電源が突然止まるとハードディスクが故障してしまう恐れがあります。

HDDを二重化してデータを保存するRAIDシステムも落雷や停電によって二台同時に
故障する可能性もあり、上書き保存前のデータ喪失には弱い、という短所もあります。

また、機材そのものが壊れずに済んでも、作成中だったファイルや
起動中だったアプリケーションが破損したり、
上書き保存前に消えてしまい読み出せなくなるトラブルもよく起こります。

保存済みだったファイルが消えてしまったり壊れてしまった場合には、
専門業者のデータ復旧サービスセンターにて修復してもらうこともおすすめします。




停電や断線への対策

これらのアクシデントを防止するには「UPS」(無停電電源装置)を
室内に設置して、緊急時の予備バッテリーとして備えておくと安心です。

また[落雷や漏電のガード機能が備わった電源コンセント]などの
雷サージ対応製品を購入して使用する事も予防策になります。

普段使わない時には電源コンセントを抜いておくと機材としての寿命も
若干長持ちして、落雷による破損の心配も減らせます。

電源コードは引っかけないように、隅の方に寄せておくとある程度、
うっかりケーブルを引っ張ってしまうミスを防ぐ事が出来ます。

(それでも、ハードウェアの起動中に家族や社員の誰かが
 ルーム内の掃除をしている時には念のため気を付けるように伝えて下さい。)

またこの写真のLiinkStation(リンクステーション)のように、ACアダプターのケーブルが
抜けやすい機材には引っ張られて外れるのを防ぐための「フック」が付いている物もあります。

電源コード

そして、外付けハードウェアやDVD-R/RWなどの記録媒体に
定期的に大事なデータのバックアップを必ず行っておきましょう。

電源コードから抜いて安全な場所に保管しておけば、
そうそうのトラブルでデータを喪失するトラブルはほとんど回避できます。

作成中のファイルの上書き保存をこまめに行う習慣をつけておきましょう。

しかしそれでも、何かの予期せぬトラブルで機材が故障したり
ファイルやフォルダを喪失するアクシデントはある程度の確率で起こりえます。

その際には、専門で行われているデータ復旧サポートの事業社に
電話かメールをして問い合わせてみてください。

急に電源が閉じて破損した拡張子を修復してもらったり、壊れたHDDを分解して内部データを
抽出して復元してもらう作業をコンピューターの初期診断の後で注文することが出来ます。



『「コンピューターの修理」のカテゴリーの前後のページ』

«

»