違うパソコンでデバイスが認識しない時に回復するには?

USBメモリや外付けHDD、外付けDVDドライブ、カードリーダー、デジタルカメラといった、
コンピューターに外部から接続するデバイス(device)の機器を
これまで使っていたスペックの低いパソコンから、スペックの高い新しいパソコンに差し替えたり、

またはWindowsのバージョンが違う別のPC本体や、これまで使っていたPCよりも製品が古く、
スペックも低めのマシンの方に接続を試みたところ、なぜかデバイスが認識されずに
データが読み込みできない場合は、どのようにすれば読み込みを回復できる?という疑問について。

USBメモリの差し込み

まず、MacBook Airなどパソコンの製品によっては、USBメモリなど一部の補助記憶装置を
直接PC本体のUSBポートに長く差し込みしている時、外部デバイスにかなり熱が溜まって、
熱を帯びたまますぐに別のパソコンに差し替えると、読み込みができないことがあります。

その場合は、熱を帯びた周辺機器を数十分ほど使用せずに置いて冷ましておき、
それから再度接続すると正常にデバイスが認識して回復する、といったケースがあります。

次に、しばらく使用していなかったパソコン本体のUSBポートなどの接続部分にホコリや小さなごみが
溜まっていたりと、コネクタとの間に異物が挟まっていると正常に読み込めないことがあります。

同様に、USBメモリの差込口や、外付けHDD、RAIDのUSBケーブルにも異物が詰まっていないかどうかを
確認して、針やピンセット、クリーニングキットなどを用いて除去してから再度接続を試みてください。

LANポートなどの箇所は、パソコンのマザーボードの交換などの後に、PCの内部に静電気が溜まっていて
接続に支障が出ることもあり、その際には、パソコンの電源コードを抜いて、電源ボタンを数秒間ずつ
2~3回押すと、静電気が抜けて、アクセスが復旧することもあります。


デバイスドライバのエラー

次に、Windowsのコントロールパネルを開いて「デバイスマネージャー」を展開すると、
パソコンのオペレーティングシステムにインストールされているデバイスドライバの一覧が表示されます。

この中から、ディスクドライブ、ポータブルデバイス、ユニバーサルシリアルパスコントローラー
といった項目に対象の製品名が表示されていましたら、エラーマークが付いていないかどうかお確かめください。

エラーマークのある項目を選択して、右クリック→「デバイスのアンインストール」を選択して、
すぐにパソコンを再起動してから対象の周辺機器を再度接続してみると、
デバイスドライバが正常にインストールし直されて、アクセスが復旧する場合があります。

USB機器の接続

NASやレコーダーなどで使用されています「XFS」(eXtents File System)などの、
WindwosやmacOSに直接的には対応されていないジャーナリングファイルシステムで
フォーマットされたハードディスクドライブなどを、増設やリムーバブルディスクとして接続した時には、
機器自体が認識されても、ボリューム内部のディレクトリは読み込めない状態になります。

その際には、XFSが読み込める専用のソフトウェアをインストールして開くか、
元々使っていたコンピューターに接続し直して、そちらからデータを開いてみてください。

たまたまUSBメモリを持ち運んだ時に差込口(ポート)の部分が欠けてしまったり、
強い衝撃でコントローラ(内部の基板)が欠けてしまうと、正常に読み込めないことがあります。

外付けHDDや外付けRAID、デジタルカメラなどの場合は、破損したUSBケーブルを、
別の製品を取り寄せて交換することで直せます。

しかし、物理的に内部の回路が破損していたら、多くの場合一般個人で外部デバイスの製品の修理するのは、
技術的、またはパーツの仕入れなどの問題で難しくなるため、プロのデータ復旧サービスセンターに
問い合わせて、内部のファイルを回収してもらわれることをおすすめします。



『「USBメモリー」のカテゴリーの前後のページ』

«