WordPressで構築したデータが壊れた時に復旧するには?

「WordPress」(ワードプレス)を使用してウェブページを作成・編集している時に、
更新のミスなどによって、構築されたコンテンツ管理システムが壊れてしまった時には、
どのようにすればウェブ上またはディレクトリ内のデータを復旧できる?という疑問について。

更新後にページが正常に表示されなくなった場合

HTMLソースやfunctionといった重要なphpファイルなどをカスタマイズして更新したら
ページが正常に開かなくなった、という場合にはレンタルサーバの企業から提供されています
ホスティングサービスのファイルマネージャーの画面、またはFTPソフトで、ディレクトリにアクセスします。

次に、WordPressで配布されています同じ名称の「テーマ」を、
別のWordPressのサイトをお持ちであればそちらにインストールして、パソコンにダウンロードします。

PC上の保存先のディレクトリからそのテーマの名前が付いたフォルダーを開いて、初期状態の
「function.php」などのファイルをウェブディレクトリ上の同じ位置に上書きでアップロードします。

これで、ウェブ上の公開ページや管理ページの表示が元に戻っていれば、復旧に成功です。

テーマのディレクトリ

他のWordPressのサイトがない時は、テスト用なども兼ねて仮で作成して、
そちらからインストールしてください。

事前に、WordPressでメインで使用しているテーマや一部のプラグインのフォルダーを、
初期状態、または正常に稼働できている状態の時に、パソコン上にバックアップしておかれると、
いざという時にアップロードによる上書きですぐに破損状態から修復できるので便利です。

バックアップしていたファイルが大分古いバージョンのデータだとエラーが発生する可能性があるため、
なるべくアップデートのたびに新たにバックアップをしておかれることが望ましいです。




アップデートで上書きしてしまった場合

テーマやプラグインをアップデートで上書きしたら「.php」などのファイル内で
独自にカスタマイズしたデータが消えてしまった、という場合は、

事前にそのテーマをフォルダーごと、パソコンの内蔵HDDや外付けハードディスク、RAID
といった場所にバックアップを取っていれば、そちらのデータをディレクトリ丸ごと、
FTPソフトなどで、wp-content→themesのフォルダーにアップロードして上書きすれば、復元できます。

バックアップ分を事前に必ず用意していなければならないので、ご注意ください。

ページの表示の状態が壊れただけで、まだ管理画面へのアクセスはできる、という場合には、
例えば「function.php」を初期の状態に戻したり、プラグインを一括でチェックして一旦停止すると
表示が復活することも多いです。

プラグインの停止

MySQLの復元

ホスティングサーバのサービスで使用しています「MySQL」の管理画面から
「phpmyadmin」のページにアクセスして、データベースを編集する際に、
間違えて必要なページを削除してしまったり、ユーザーのデータを消去してしまい
サイトの管理ページへのログインができなくなった、という場合には、
サーバーパネルのページにあります「MySQL」のバックアップの項目を開きます。

自動バックアップのデータが用意されていましたら、更新で破損してしまう前の時間帯の
バックアップされているポイントを選択して、復元の操作を行うと少し前の状態に復旧できます。

MySQLの復元

また、手動でパソコン上にMySQLの構築されたデータをバックアップするサービスもあります。

ほか、日頃からこまめに、テキストエディタなどにHTMLソースのテキストを
コピー&ペーストなどで貼って保存しておくと、サイトの更新やエラーの修復に便利です。

レンタルサーバ上に保管されたデータは管理会社の方の運用されているディレクトリに
保存されていますので、基本的には、壊れた構築データを復旧をするにはあらかじめ
バックアップしておいたファイルがなければならないのでご注意ください。

パソコン上でカスタマイズしていたphpやテキストエディタのファイルを
誤って消去してしまったり、保存したハードディスクなどが壊れて読み込めなくなった場合は、
プロのデータ復旧サービスにて、失ったファイルを復元してもらうことができます。



『「フォルダーの消失」のカテゴリーの前後のページ』

«

»