「デバイスとプリンター」でトラブルシューティングを行うには?

Microsoftのオペレーティングシステム「Windows」がインストールされたパソコンに
プリンター、または複合機や、キーボード、ディスプレイ、マウス、スピーカーなどを
それぞれのケーブルのポートに取り付けて使う際、接続や動作のエラーなどが発生して
正常に使用できなくなったら、どのようにトラブルを解決できる?という疑問について。

「デバイスとプリンター」を開く

こちらの一例では、Windows 10(ウィンドウズテン)で操作を行った場合について解説いたします。

まず、Windowsのデスクトップ画面からコントロールパネルを開いて、一覧にある「デバイスとプリンター」を開きます。

プリンターや複合機、FAX、キーボード、マウス、液晶モニターなどのそれぞれの周辺機器の名前が表示されます。

もしそれぞれのの画面に対象の電子機器のアイコンが表示されていなかったら、
デバイスがコンピューターに認識されていないか、接続が正常にできていない状態です。

また、専門のパソコン修理サービスで、どこに認識のエラーの問題が出ているかを検査して直してもらうこともできます。

フィードバックの画面表示

「デバイスとプリンター」から「トラブルシューティング」を起動すると、
パソコンがインターネットにつながっていないと、「フィードバックはオフラインです」
と表示されて、そこから先に進めないため、ネットワークへのアクセスを確認します。

トラブルが発生しているハードウェアが表示されましたら、その項目を選択して右クリックを押すと、
「トラブルシューティング」など複数のメニューが表示されるため、状況に合わせて選択して使ってきます。

トラブルシューティングのフィードバックを確認

問題の検出が行なわれると、「トラブルシューティングが完了しました」と表示されて、
見つかった問題が一覧に出てきます。
 

そちらに「解決済み」と表示されていて、まだほかにも問題がある様子の場合は、
「このトラブルシューティングツールのフィードバックをお寄せください」の矢印メニューを選択します。

トラブルシューティングのウィザードが表示されて、
ネットワーク上から、対象の機器で起こりうるトラブルに関連する
フィードバックの一覧が表示されますので、その中から解決方法を探していきます。

または、「問題を特定できませんでした」と表示されたら、一度「閉じる」などを押します。

コネクタの状態を直す

差し込みをしたUSBケーブルやディスプレイケーブルなどのコネクタと
ウィンドウズのパソコンと周辺機器の両方のポートに、小さなゴミや埃が詰まっていたり、
コードが強く折れ曲がったいたり家具で押し潰れたりしていないかどうかを確かめます。

断線している可能性があるような状態でしたら、コードをメーカーから取り寄せるか
電気店で買い替えて、交換します。

また、電源が正常に付いていて、プリンターやNASなどの筐体にあるモニターに
エラーが表示されていないかどうかも確認します。

専門のサービスで修理をしてもらう

プリンターなどの機材が物理的に故障していると思われる場合でも、
まだ製造メーカーのカスタマーサポートに問い合わせて修理に出す方法があります。

対象の周辺機器を取り扱われているプロのパソコン修理サービスに問い合わせて、
持ち込みや配送、出張訪問などでの点検と復旧の作業をしてもらわれることをおすすめします。