Lunascapeのお気に入りのデータを復元するには?

インターネットを閲覧するソフトウェアであるウェブブラウザ(Web Browser)の、
「Lunascape」(ルナスケープ)をお使いの際に、登録していたお気に入り(Favorite)といったデータを、
間違えて削除してしまったり、パソコンに不具合が出て読み込みできなくなったら、
どのようにすれば復元することができる?という疑問について。

Lunascapeのエクスポートの機能でバックアップするには?

まず、Lunascapeのウェブブラウザでは、事前に一括でお気に入り(Favorite)のデータをバックアップして、
保管をした分から後で復元ができるようにする、エクスポート(Export)の機能を使用することができます。

Lunascapeのウィンドウの、上の部分のどこかを右クリックして、
「Menu Bar」にチェックを入れて、画面上にメニューバーを表示します。

「File」(ファイル)のタブを開いて、「User Profiles」にカーソルを合わせて、
「Export」(エクスポート)を開きます。

ウェブページのお気に入りのファイルを保存したいフォルダーを選択して、「OK」を押すと、
その場所にブックマークのファイルの一覧がバックアップで保存されます。

※もしパソコンのWindowsなどのオペレーティングシステム自体に深刻な不具合が出ている時は、
 データのバックアップをした後で、OSやソフトウェアの再インストールを実行するか、
 専門のパソコン修理サービスに出して、リカバリーをしてもらわれることもおすすめします。




ルナスケープからお気に入りのデータをインポートするには?

次に、ルナスケープでウェブページのお気に入りのデータをインポートして、復元をする手順について。

今度は、同じくLunascapeの画面を開いて、「File」のタブの「User Profiles」にある、
「Import」(インポート)の項目を開きます。

こちらのウィンドウで、Internet ExplorerやFireFox、Sleipnirなどの、
使用している別のウェブブラウザの項目を選択して、「OK」をクリックします。

そして、選択する項目が表示されたら「Yes」か「No」を押して、ウィンドウを進めていきます。

最後に「Import Complete」と書かれたバルーンが表示されたら、「OK」を押します。

Lunascapeの「Favorites」のタブに、インポートしたお気に入りのデータが表示されていれば、
ウェブブラウザのブックマークのデータの移行、または復元に成功です。

プロフィールのバックアップと復元の機能を使用するには?

次に、Lunascapeにはウェブブラウザに一通り保存されているデータを、
一括でバックアップと復元を実行する機能も搭載されています。

まず、上記と同じく「File」のタブから「User Profiles」を選択して、今度は「Back up Profile」を開きます。

「Lunascape User Profile Management Tools」
(ルナスケープ・ユーザープロフィール・マネジメントツールズ)のウィンドウが表示されたら、
「Back up current Lunascape6 settings」の項目が選択されている状態で、「OK」を押します。

「[Backup] operation of Lunascape6 has been completed.」のメッセージが表示されたら、「完了」を押します。

後にバックアップしたデータを復元したい時には、今度は「Back up Profile」のウィンドウで、
「Restore backup profile of Lunascape6」を選択して、
引き出しをしたい日付のファイルを選択して、「次へ」をクリックします。

「はい」を押して、「Select settings items.」の画面で、
サルベージをしたい項目を選択して(最初は全部の項目にチェックが入っています)、「次へ」と進みます。

データの復元が実行されて、「次へ」→「完了」と進むと、ウィンドウが閉じます。

そして、ルナスケープの画面が自動で再度開きますので、
Favorites(お気に入り)などのタブで、必要なデータが復旧できているかどうかをご確認ください。

WindowsにあるLunascapeのフォルダーとファイルの場所は?

次に、Microsoft Windowsのパソコン上の、Lunascapeのデータが保存されたフォルダーの場所について。

まず、たとえばWindows 10では、お気に入りのファイルが保管されているフォルダーの位置は、
「C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Lunascape¥Lunascape6¥Profile¥Favorite」となります。

(「¥」は半角文字に直して、エクスプローラーのアドレスバーに貼り付けてください。)

こちらのフォルダーの「default.ld2」の拡張子が、ルナスケープでのお気に入りのデータになります。

また、もしこのブックマークの一覧のファイルが破損してしまった場合には、
すぐ下に位置している、「default.ld2.bak」のBAKファイルを選択します。

そして右クリックで「名前を変更」を指示して、「.bak」の部分を削除することで、
元の「.ld2」のファイルと同じ状態にして、お気に入りのデータを復旧することができます。

また、ウェブブラウザのお気に入りのデータをバックアップして復旧するには?という疑問について詳しくは、こちらのページにて。

ちなみに、バックアップの機能で保存したファイルがあるフォルダーの場所は、
「User Profiles」の「Open Folder」を開くと、エクスプローラーが自動で起動して、
「C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Lunascape¥Lunascape6」のディレクトリが開きます。

この中の「backup」のフォルダーに、以前にバックアップをした一括データが保存されています。

間違えて消去したファイルの拡張子を復旧するには?

次に、ルナスケープのデータが保管されたフォルダーから誤って特定のファイルを削除してしまったり、
ソフトウェアのアンインストールやオペレーティングシステムのリカバリーの際に、
フォルダーごと間違えて消去した時には、後からファイルの拡張子を復旧することはできる?という疑問について。

まず、たとえばウィンドウズのエクスプローラーやダイアログボックスで、
個別に削除したファイルやフォルダーは、そのまま表示が消えず、「ゴミ箱」に一度移行します。

しかしアンインストールやフォーマットといった動作で、Lunascapeのウェブブラウザのフォルダーごと、
お気に入りといったデータを削除していた場合には、ゴミ箱には入らずに直接、表示が消えてしまいます。

ですが、まだハードディスクドライブやSSD自体には、痕跡のデータが残っている可能性があります。

こちらは、市販のデータ復元ソフトを購入して、ブート機能で起動してから、
ストレージにドライブスキャンを実行して、痕跡データを検出して、復旧ができる見込みがあります。

しかし、前にルナスケープのお気に入りなどのファイルを削除されてからかなり時間が経っていて、
HDDやSSDに新しくデータを多く上書き保存されていると、一般の個人では復元ができない可能性が高くなります。

できるだけ確実に、失われたファイルを元に戻したい、という際には、
専門事業のデータ復旧サービスセンターに注文をして、修復をしてもらわれることをおすすめします。