このフォルダには既に同名ファイルが存在します。と出た時は?

PCのハードディスクまたは外部接続の機器(リムーバブルディスク)に
新しくファイルやアプリケーションプログラムを書き込む際、
そのフォルダにすでに同名で同じ拡張子のファイルがあった場合は、

このフォルダには既に○○ファイルが存在します。と、
ファイルの上書き確認の警告ウィンドウが表示されます。

ここで「はい」を選択した場合、もともと記憶装置の中に存在していた
拡張子ファイルまたはフォルダが新しく書き込む方に上書きされて、
データーが消えてしまいますので、勢い余って押してしまうと危険です。

リムーバブルディスクには、マルチメディアカード、microSDカード、スマートメディア、
メモリースティック・デュオ、CF、FD、xdピクチャーカード、USBフラッシュメモリ、
CD、DVD-R/RW/ROM/RAM、BD-RE、ポータブルHD、MO、など多くの製品があります。

特に外部記憶装置をたまに使う場合、前回の接続の時にうっかり
書き込んでいた分を忘れていて上書きしてしまうミスも発生しやすいです。




一度上書きされたデータはバックアップがなければ簡単には開かなくなるため、
「はい」を押す前に必ず、問題がないかどうかよく確認してから書き写しを続行されてください。

「いいえ」を押すと書き込み・コピー作業は中断できます。

上書きしたファイルの復活手順

同名ファイルで上塗りしてしまったデータは、パソコンのマイコンピュータ内部に
ある場所でしたら、「システムの復元」や「シャドウコピー」機能といった
ウィンドウズ独自のツールで状態を巻き戻す形で復元を試みることも出来ます。

しかしこれらのツールは事前に設定していなければ使用が出来ません。

またリムーバブルディスクといった外部装置などの、他の場所に存在していたファイルの場合は、
それ以上HDDやメモリーカードやCDディスクを使わずすぐに取り外して、専門の
データ復旧サービスセンターに持ち込みまたは郵送をして、元に戻すためのファイルの修復、
ないし読み込めないデータの復元作業をしてもらわれることをお薦めします。