RAID0(ストライピング)でデータが開けなくなるトラブルとは? 

パソコンの内部データを安全に管理できるように、ハードディスクドライブを複数使用して
書き込みを行う技術:『RAID』(レイド/Redundant Arrays of Inexpensive Disks)をご存知でしょうか?

そのうちの「RAID0」だけは、ストレージに冗長性がなく、読み込み速度の高速化をするシステムになります。

しかし、RAID1やRAID5に比べて、冗長性が得られないため、データが開けなくなるトラブルに
遭いやすいという点もあります。

ハードディスクやSSDの読み込みの高速化

まず、RAID0(ストライピング)のメリットは、データの高速化をすることで、
使用の際のスピードを上げることができて、スムーズに運用をすることができます。

パソコンやサーバのHDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)に
保管されている、プログラムやデータファイルを2台に分散して書き込み(Writing)をすることで、
固定ディスクが一台のみの時よりも、データを二分の一に高速化して作業させることができます。

ファイルサーバやWebサーバなど、大容量かつ常時稼動するシステムを運営するのに大変効率的です。

ストライピングの安さと運用の気軽さ

RAID0は、ハードディスクの台数や設備が他のRAID方式よりが少なくて済むこともあり、
レイドシステムの中でも格安で気軽に導入することもできます。

パソコンではなく外付けのデータ記憶デバイスにRAID0を導入する場合は
たとえばBUFFALO(バッファロー)で発売されているDriveStation(ドライブステーション)と、
同梱されているRAID管理ユーティリティをパソコンで使用して、ハードディスクを設定することができます。

故障したHDDのデータ復旧をするソフトウェアRAIDを構築するには?という疑問については、こちらのページにて。

他のRAIDのディスクアレイとの違いとは?

RAID1やRAID5は、一台が故障してもリビルド(Rebuild)をして、
他のHDDで読み込んで内部ファイルやシステム設定の損失を免れることができます。

逆にRAID0は、HDDを分割させて使用することで読み書きを高速化させるため、冗長化された利点はありません。

HDDを2台使うという点ではそれでも多少の値段は掛かるのですが、
4台、8台、10台、と用意する必要がある他のRAID5や6と比較すると、やはり安さが大分違う、という利点もあります。

RAID0(ストライピング)の欠点とは?

【RAID0】(レイドゼロ/ストライピング)は、ハードディスクドライブを2台使用して書き込みを早くするための、
最も簡易的なRAIDシステムで、ハードディスクが片方壊れてしまう障害に弱い欠点があります。

内部のデータファイルやソフトウェアの読み込み速度を高速化する、RAID0(レイドゼロ/ストライピング)のシステムは、
RAID1(ミラーリング)やRAID5(パリティデータ)と違い、RAID0のHDDのうち、
一台でもHDDが破損してしまうと、システム全体のファイルやプログラムが読み込めなくなってしまいます。

ハードディスクが破損した時にデータは復旧できる?

しかし、もしもRAID0(Redundant Arrays of Independent Disks)のハードディスクドライブが
いずれ破損してしまったり、OSのトラブルや削除ミスで貴重なファイルが消えてしまっても、
内部のセクタに保存されているデータ自体は、まだそのまま残っています。

バックアップした分のファイルがなくて、RAIDのハードディスクに残ったまま開かなくなった
データの復元(Reconstruction of data)を何とかして行いたい、という際には、
専門のデータ復旧サービスセンターに注文して、HDDの中身のファイルの抽出をしてもらわれることをお薦めします。