読み取り専用ファイルに設定して上書きを防止

Microsoft ExcelやWord、Access、PowerPointなどのアプリケーションソフトや
Adobe Photoshop、illustrator、 IBMホームページビルダー、メモ帳などの
様々なユーティリティの機能で作成した拡張子ファイルを完成させた後について。

ファイルを新規作成したり編集して保存した後に、もうこれ以上は上書き保存を
して変更しない、という場合、その後で間違えて何かのミスで別の同名の
データと上書きしてしまったり、共有ファイルの内容を第三者に変更される、
といったトラブルを防ぐためには、以下の手順を施すのが有効です。

まずは対象のファイル拡張子のアイコンをマイコンピュータ等からフォルダを開いて
表示し、それを右クリックしてプロパティ画面を開きます。

「~~~(ファイル名)のプロパティ」という画面が出たら、項目の下のほうにある「属性」の
『読み取り専用』という四角いマークにチェックを付けて、『適用』→『OK』のボタンを押します。

これで、その拡張子は直接上書きをする事が出来なくなり、ブロックが施されます。
後にまた上書きできるように設定したい時にはまた同じようにプロパティを開いて、
今度は『読み取り専用』のチェックを外して『適用』→『OK』を押しましょう。





また、読み取り専用の状態で中身の書き換えが出来ない時でも、
ファイルのアイコンを右クリックしていつでも名前を変更する事はできます。

ただし、ファイルやフォルダの削除は可能であるため、誤って消去してしまうトラブルを
防止するには、重要なデータを必ず他の記憶メディアにコピーしてバックアップ事が大切です。

メディアの使い方によっては『隠しファイル』にもチェックを入れて
一目ではわからないように非表示状態にするなどの対策を施してみましょう。

読み取り専用にしていなかったファイルを間違えて同名の同じ拡張子に上書きしたり
削除してしまった場合は、できるだけ早いうちにデータ復元ソフトウェアを使うか、
データ復旧サービスに注文をして修復をてもらいましょう。



『「プログラムが開けない」のカテゴリーの前後のページ』

«

»