DVD-Rをフォーマットした後でデータファイルを復旧するには?

DVD-R(ディーブイディー・アール)や、またCD-R、BD-Rで、ディスクの「フォーマット」を行った場合には、
データを一回保存をした分の容量は差し引かれて、ファイルの焼き込みをする前の状態には戻りません。

ですが、一度記録したファイルを普通に削除することならできます。

しかし、「自分で消去ができる」という点で逆に間違えやすいトラブルとしまして、
DVD-Rなどに書き込まれていた替えのない大事なファイルを、
うっかり誤って初期化して削除してしまったら、少し困ったことになる場合もあります。

そんな時に、消えたデータを後から読み込み直して元に戻せる方法はある?という疑問について。

誤ってフォーマットした後で表示が消えたデータの復元はできる?

まず、パソコンの用データ記録用の媒体としても使用されている、
DVD-R(Digital Versatile Disk Recordable/デジタル・ヴァーサタイル・ディスク・レコーダブル)は、
ディスクに最大容量の範囲内で、一度だけファイルやフォルダーの書き込みができる規格です。

設定された容量の最大値である、片面1層:4.7GBや片面2層:8.5GB、両面各1層:9.4GBの範囲内であれば、
小さい容量のファイル群などを、繰り返して何度か書き込みもすることができます。

このディスクに もし物理フォーマットを掛けた場合は、データの修復はほぼ不可能になってしまうのですが、
論理フォーマットを実行した場合は、まだ復元ができる見込みがあります。

できるだけ確実にサルベージをしたい、という際には、専門のデータリカバリーサービスにて、
消えたファイルの復元の措置を行ってもらうことができます。




間違えて初期化したDVD-Rにあったファイルはどのようになっている?

次に、DVD-Rはパソコン本体に内蔵されたHDDやSSD、または外部のローカルディスクとは違い、
DVDドライブの装置で読み出しをする媒体です。

そのため、Windowsの「システムの復元」や「バックアップと復元」などの標準機能では、
自動的なデータのバックアップが基本的に行われません。

DVDのフォーマット(初期化)をしてしまうと、DISCにあったすべての拡張子やフォルダーは、
表示の上ではひとまず削除されてしまい、
「このフォルダーは空です。」といった一文が出てくるだけになります。

ですがこの段階なら、あくまで「DVD-Rを初期化させてファイルを消去した」という命令を、
ディスク媒体に書き込んだだけの状態で、データ自体はまだセルに残っている可能性が高いです。

データ復元ソフトウェアでDVDディスクを読み込む方法とは?

次に、DVD-RWやCD-RW、BD-REと違い、DVD-Rは初期化させても最大容量はフォーマット直前の時のままで、
差し引かれた状態なのですが、以前に記録していたファイルの「痕跡」の方ならすぐには消えていません。

そこからまだ、何も新しいファイルを書き込んでいなければ、
見えない部分にデータの痕跡が高い割合で残っています。

一般の個人で、DVD-RやCD-Rからフォーマットで消えたデータを復旧させるには、
DVDやCD、BDなどのディスクをスキャンできる機能を備えた、
より専門的な「データ復元ソフトウェア」を入手する必要があります。

ほか、パソコンのトラブル解決を実施されたサービスで、
データ復旧のプランを併用で行われている事業もあります。




パソコンでファイルの復旧用プログラムを起動する

こちらの解説では、DVDの検知が可能な、「QueTek」から販売されています、
File Scanvenger(ファイル・スキャベンジャー)というアプリケーションソフトを、
Microsoft Windowsのパソコンで使用する、実践例の手順を記述いたします。

まず、DVD-Rのディスクをパソコンに内蔵された、
DVDドライブのトレイに挿入して、オペレーティングシステムにデバイスを読み込ませます。

(DVDが読み込めるBDドライブや、外付けのDVDドライブでも大丈夫です。)

「FileScavenger」をパソコンにインストールして、デスクトップアイコンから展開する、
または「Program Files」や「ダウンロード」のフォルダーから開きます。

DVDまたはBDドライブのディスクを読み込みする

ウィンドウの画面の最初にある、「ステップ1」の項目で「検索場所」の矢印を押して、
DVDドライブまたはBDドライブの「論理ボリューム」を選択します。

(復旧させたい拡張子の種類が少なく、すでに決まっている場合は、
「検索対象」の項目でチェックを付けて、限定しておくこともできます。)

また、DVD-Rに保存していた読み込めないファイルを復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

最初に合わせてある「クイック」のモードのままでは、
「ブートセクタが見つかりません。/ファイルが見つかりませんでした。」
と出てスキャンができないので、「完全」のモードに合わせて「検索」を実行します。

次の選択肢で「いいえ。削除されたファイルを表示」を選びます。

大体の場合は時間がかからず、すぐにディスクのスキャンが終わります。

検出ができた別の拡張子をストレージにバックアップして保存する

その次に、「表示のヒント」というバルーンで、「OK」を押します。

ファイル名の一覧リストに検知できた、過去にDVD-Rから消去済みのデータが表示されます。

この中から、復元させたい必要なファイルを選んでチェックを入れます。

※ファイル名が元のデータの名前と変わっていて、どれかわからない時は
 ひとまずすべて選択して修復するか、 変更日時やサイズ、種類などの項目で判別を行ってください。

タブを「ステップ2」に合わせて、今度は「保存先」の項目で、
「参照」ボタンをクリックして、ファイルを保管したい場所を指定します。

ローカルディスクや外付けHDDなどのフォルダーを指定して、「回復」のボタンを押すと、
データファイルの書き込みが行われます。

回復に成功しているかどうかファイルを開いて確認する

ファイルの回復に成功しました。」とバルーンが表示されたら、「OK」を押します。

そして一覧の表示が変わり、この中で状態が「良好」か「回復済み」と表示された拡張子は、
DVD-Rからフォーマットして消えたデータの、正常な復元に成功しています。

しかし「失敗」と出ている拡張子は、ファイルが破損した状態で、
保存先に新しく作られたフォルダーの中に作成されていることがあります。

(失敗と表示されていても、普通にデータの復元に成功している場合もあります。)

また、ExcelやWordのファイルを復元したい、という場合は、
Officeスイート専用の機能があるツールや、サポートの事業へ依頼で修復する方法もあります。




繰り返しストレージへのスキャンを行うこともできる?

もう一度「ステップ1」に戻ってから再度「検索」を押すと、前回の検出結果をクリアして、
再びDVD-RやDVD-RWなどから、失ったデータの検出と回復を行うこともできます。

ですが、一度行ってスキャンに引っかからなかった時は、
二回目以降もファイルを検出できないことが多く、
痕跡データも破損しやすくなるため、あまり検出を繰り返すことはおすすめできません。

また例として、 データ復旧-株式会社ウルア 様での、
DVD-R/CD-R復旧|消去・フォーマット等トラブルから復元復活!の案内も参考までに。

またDVD-Rと同じように、CDやブルーレイのディスクのデータの修復も試みることができます。

プロのデータ復旧サービスで救出作業をしてもらう

ですが、「失敗」と結果が出て実際に破損していたファイルは、フォーマット以降の操作や、
データ復元ソフトごとの性能にもよるのですが、複数回のスキャンをかけても元に戻せる確率が低いです。

逆に、かえって拡張子の痕跡を更に破損させてしまうおそれもあります。

(特にディスクの媒体はデリケートなので、取り扱いに注意が必要です。)

ご自身でアプリケーションソフトを使用しても元に戻せなかった場合には、
専門で営業されていますデータ救出サービスの受付サポートに、注文をする方法もあります。

DVD-RやCD-R、BD-Rなどのフォーマットしてしまったディスクを、郵送か持ち込みで提出して、
プロのスタッフに専門の設備にて、復旧の作業をしてもらわれることをおすすめします。