DVD-Rに保存していた読み込めないファイルを復旧するには?

「DVD-R」(ディーブイディーアール/Digital Versatile Disk Recordable-
デジタル ヴァーサタイル ディスク レコーダブル)とは、
DVDのディスクを使ったPC用データ読み出し専用記憶媒体です。

ソフトウェアや映像の保存、パソコンの保存データの書き込み・読み込み
といった用途で幅広く普及しています。

『DVD-Rに保存できる容量』
・片面1層記録 4.7GB ・片面2層記録 8.5GB ・両面各1層記録 9.4GB

書き込まれたファイルが読み出せなくなった時は?

DVDディスクは保存期間が100年あると言われるほどデータの保存性に優れた媒体です。

ですが、紫外線や湿度、高温、低温、電磁波、ホコリ、再生する頻度、ほか、保存の環境状態や
使い方によっては、かなりデータの保存期間が縮まってしまうケースも多くなってしまいます。

また裏面に深いキズなどができるとデータの再生や読み込みに支障をきたすこともあります。





このようなトラブルが起きた時には、まずそれ以上DVDーRのディスクに書き込みしたり
無理に再生をして読み込みを回すと、データ損失の悪化を招く可能性があります。

まず、誤ってディスクにフォーマットをかけて初期化してしまった場合は、
「ファイナルデータ」や「完全データ復元PRO」といったデータ復元ソフトを
購入して、パソコンにプログラムファイルをインストールします。

内蔵のDVDドライブか外付けDVDドライブ装置にディスクを入れて、
ユーティリティーを起動してクラスタスキャンを実行します。

DVD-Rのディスク

検出作業が自動で完了した後に画面が出て、その一覧リストの中に表示された
それぞれのプログラムファイルを、パソコンのバックアップ用フォルダーに保存します。

最後に正常に修復できているかどうかそれぞれのファイルを開いて確認して、復旧作業は完了です。

また、DVD-Rのディスクにちょっとしひっかき傷や汚れが増えてきて読み込めない時は、
ディスククリーニングキット(研磨機)をかけて修繕できます。

もし可能であればすぐにパソコンから別の保存ディスクにデータを移すのが望ましいです。

それでもやはり完全に読み込めなくなってしまったDVD-Rのデータは、
専門のデータ復旧サービスセンターに注文をして修復してもらわれることをお薦めします。



『「DVD-RAM/RW」のカテゴリーの前後のページ』

«

»