DVDドライブの蓋が開かない時にディスクを取り出しするには?

DVD-RやDVD-RW、DVD-RAMをパソコンのドライブ装置に入れて作業が終わった後に
ディスクを取り出そうとしたら、シャッターの金属部分がドライブ部分に残ってしまい、
違うディスクを入れようとしても認識しない、またはディスクが取り出せない場合、
どうすれば修復できる?というご質問について。

まず、DVDドライブ装置の正面に小さな穴が開いていますので、
そこに針などを指して、奥にあるイジェクトボタンを押してみます。

これで引っ掛かりが解除されることが多いので、もう一度パソコンの電源を入れて
トレーが引き出されてディスクが取り出しできるかどうか試されてみてください。

また、電源の付いた状態でDVDドライブの蓋を少し軽く押したり引いたりしてみます。

イジェクトボタンを押してもトレーが出てこない場合、今度はパソコンからドライブ装置を取り外して、
針を入れて慎重に動かしたり、下に向けて軽く振ってみると金属の引っ掛かりが外れるかもしれません。

もし書き込みエラー(error)が発生してから引き出せないトラブルが起きた場合は、
DVDドライブが繰り返しの書き出しなどによる磨耗により故障した可能性もあります。

接続コードの傷みが原因の可能性もありますので、パソコン自体もケースを開けて見直します。

デスクトップパソコンの場合はPCケースの構造にもよりますが、固定ネジを外して、
ケーブルをコネクタから取り外し、スライドさせるように取り出します。





DVDドライブの装置を自分で分解するとうっかり故障させてしまうリスクはあります。

また、お使いのパソコンがまだ保証期限内でしたらメーカーサポートに出して、
直してもらうか交換してもらえます。

DVDドライブも値段がとても安くなっていますので、新しくPCショップで買って、
内蔵の壊れた装置と交換をするのも選択手段です。

お預かり期間がある程度かかるので、自分で外してドライブ交換をしてみるか、
私設のパソコンサポート店で行ってもらう方法を取られるのも一つの方法です。

DVD-R自体は安価でお手軽に、電気店やオンラインショッピングで購入できます。

ですがバックアップのない大事なデータが書き込まれたDVDやCDのディスクが入ったまま
パソコンの内蔵ドライブ、または外付けのドライブ装置から取り出せない、という場合には、

蓋が開かないまま無理にデータ記録メディアの円盤を引っ張り出そうとすると、
ディスクの盤面にキズが付くなどして貴重なデータが読み込めなくなるおそれがあるため、
プロのPC修理店かデータ復旧サービスで取り出しをしてもらわれることをおすすめします。



『「DVD-RAM/RW」のカテゴリーの前後のページ』

«

»