ドメインの契約期限が切れた後でサイトは復元できる?

ホームページやウェブログはレンタルスペースの使用から有料サービス、独自ドメインの購入など様々な契約コースがあります。

どのURL契約プランにも、全てドメインの使用により成り立つものなのですが、有償でオリジナルの
ドメインを購入してサイトを開設した場合、契約期限と禁止事項には特に注意する必要があります。

ドメインの契約期間は1年~3年コースなどがありまして、期間が過ぎる
一ヶ月辺りに更新手続きの通知メールが来るため見落とされないようにご注意下さい。




ウェブアドレスの状態

もしドメイン契約の更新を行わなかった場合、ファイルマネージャ内にアップロードしていたHTMLページや
jpg、png、gif拡張子等の画像、mp3、phpなど全てのデータファイルも自動的に削除されてしまい、
『HTTP 404 – ファイルが見つかりません』『エラー: このリンクは無効です。』
『Page not found ご指定のファイルが見つかりませんでした』
といった、無効ページの表示画面にURLアドレスの中身が変わってしまいます。

無期限に使えるレンタルスペースの場合は、HP使用の禁止事項に特にご注意下さい。

もしも何らかの重度の違反を起こされてしまわれた場合、通知無しにアカウントを削除されてしまい
サイトもファイルマネージャーごと消去されてしまう可能性もあります。

ですが、ウェブログやSNSなどの一部のサービスは、アカウントが閉じてから一か月以内といった一定の期間内でしたら、
指定の手続きを行うことで、ウェブ上のデータを復活することができる場合もあります。

レンタルのホームページのスペースの場合

一度ウェブページが消えてしまうと自宅のパソコン内部と違い外部のレンタルサーバー上にあったために、
データ復元ソフトウェアやサービスでは通常、元に戻す事ができません。

また、ホームページにアドレスを移転する際に301リダイレクト、302リダイレクト
または<meta http-equiv=”refresh” content=”0~15; URL=移転先URL” />のページ移動用の
metaタグを挿入する事で旧サイトの被リンク効果も新アドレスに受け継がれる仕組みになっています。

ですが、旧サイトのドメインが契約期限切れで消えてしまうと一週間くらいで
リンク効果も消えてしまい、新アドレスのアクセスも極端にまで下がっています。

そのため、全ての被リンク先にアドレス移転の告知を行うか、もしくは
旧ドメインの契約更新手続きを行ってリダイレクト効果を持続させる必要があります。

パソコンの中に保存されていたバックアップ用のデータが何かのミスで消えてしまった場合は、
専門のデータ復旧サービスセンターにてHDDを提出して元に戻してもらうこともできます。