ExcelやWordのテキストデータ自動保存設定オプションとは?

Microsoft Excel(マイクロソフト・エクセル)やMicrosoft Word(マイクロソフト・ワード)、
PowerPoint(パワーポイント)といった、マイクロソフト製のOffice suite(オフィススイート)の
ワープロソフト(文章作成・計算ツール)には、

もしも途中でソフトウェアが、何らかのエラーや電源のストップで止まってしまい、
せっかく作った文章が上書き前に消えてしまうトラブルを防止するために、
数分おきにワークシートのデータの【自動保存】を行ってくれるオプションが搭載されています。




まずはExcelないしWord、PowerPointなどの使用しているアプリケーションを開いてみます。

起動画面上のメニューバーにある【ツール】⇒【オプション】を開いてみてください。

二列目の項目にあります「自動保存」を選択すると、
何分おきにどのフォルダに保存するかの設定画面が現れます。

ここで細かい設定ができますので、自分の用途に合うようカスタマイズを行い
「自動保存を行う」にチェックを入れて、「OK」を押して完了です。

これで、いつ万が一、パソコンが急にフリーズするなどの障害が起きても、
それまでに書いたテキスト全部が失われることはなくなります。

フリーズでパソコンが止まって強制終了せざるを得なくなった時や、停電などで急に
コンピューターが止まってしまった場合、あとで再度パソコンを起動してから、
エクセルやワードを開いた時、以前のデータの状態を開き直すかどうかの選択画面が出てきます。

そちらを開くと10分おきくらいに自動保存された差分の状態でワークシートが
復活しますので、そのデータを名前を付けて保存して、復元は完了です。

ハードディスクドライブやパソコン本体そのものが壊れてしまったら、
内部フォルダの自動保存ファイルがそのままでは取り出せなくなります。

この場合は、パソコン修理サービスまたはデータ復旧サービスの店舗にて
本体の修理やファイル修復の依頼とご相談をされてみてください。