仮想メモリ最小値が低すぎるエラーを修復するには?

インストールしたアプリケーションソフトウェアを使用しようとしたら、
【仮想メモリ最小値が低すぎます】というウィンドウメッセージが表示されて起動ができなかったり、
途中で止まってしまうエラーを修復するには?という疑問について。
この原因は主メモリの方の容量が不足しているためにハードディスクドライブの一部で
仮想的にメモリ領域を使おうとシステムが試みたところ、HDDの空き容量が少ないために
使える領域(仮想メモリの最小値)が不足している為です。
まずはインターネットや他のアプリケーションソフトを閉じて、
使用するプログラムを絞ってメモリを軽くしてみましょう。
また、起動ドライブの空き領域が残り少なくなっていたら
不要なファイルやインストールプログラムを削除されてみてください。
または一度再起動してメインメモリを一旦空にすることで、開けるようになる見込みがあります。
もしこのエラーが頻繁に起こるようでしたら、もっと容量の大きい
2GB~4GB(読み:ギガバイト)くらいのメモリに変えるか、
増設をしてみると処理速度も上がり、フリーズやエラーも起こらなくなっていきます。





次に、例としてDELLのノートパソコンが起動時に画面が真っ白のまま、ピーピーと警告音が
鳴るだけで立ち上がらない場合、これもデスクトップと同じ、メモリの差し込みなどの
不具合の可能性はある?また自分で確認することはできる?というご質問について。

まず、「ビープ音」という、マザーボードから鳴る音の鳴り方で
パソコン上の障害が起こっている箇所を把握することができます。
「ピーピー」と長い音が2回鳴る場合は、POSTエラーというメッセージが出て、
マザーボードでの ハードウェアテストの失敗による問題である可能性が高いです。
マザーボードをパソコン修理サービスで交換してもらうか、
自身で新品を購入して交換する必要があります。
後者はノートパソコンを自分で分解して部品を一通り外して
マザーボードを換装しなければならないので難易度が少し高めです。
もし他の鳴り方だった場合はメモリが正常に差さってなかったり壊れている場合も
ありますので、ビープ音の一覧リストといった表を参考に、音の鳴り方を確認してください。