Windowsの動作がよく停止する問題を修復するには?

MicrosoftのWindowsのパソコンを使い始めて、ある程度の時間が経ってから、
アプリケーションソフトを起動している間に、30秒~1分ほど急に動作が停止してから、
元に戻る状態がよく起こる不具合が出てきたら、どのようにすれば問題を修復できる?というご質問について。

定期的にWindowsのパソコンの問題の点検をするには?

まず、性能の良いパソコンも、1年以上使ってくると わりとどこかが遅くなったり、
一時的にフリーズしたり、エラーが発生することもよく起こります。

ですが、Windowsのシステム回復オプションの起動や、
トラブルシューティングのマニュアルに沿って対処すれば、ある程度の停止する問題は解決ができます。

まず、エクスプローラーの画面で、ハードディスクやSSDのボリュームのアイコンを右クリックします。

プルダウンメニュー(pull-down menu)を開いて、プロパティ→ツールのタブから、
ディスククリーンアップやディスクデフラグ(最適化)をして整理してみると、
システムが停止する不具合が修復されることもあります。

また私設のパソコン修理サービスで、コンピューターの点検と快適化を施してもらうこともできます。




ウィンドウズをセーフモードで開いて再起動する

次に、一度パソコンをセーフモードで開いて、それから再起動をすると、
コンピューターの起動に関する問題などは自動的に修復される場合もあります。

また、Windowsを長く使っていると、レジストリ(registry)というデータベースが、
次第に肥大化して読み込みに支障が出てしまいやすくなります。

その際には、市販のレジストリクリーナーを使って、レジストリの肥大化を解消されてみる方法もあります。

コマンドプロンプトでエラーのチェックと修復を実行するには?

次に、スタートメニューの検索窓に「コマンドプロンプト」と入力して、
表示されたアイコンを右クリックして、「管理者として実行」を選択します。

コマンドプロンプトの画面で「chkdsk c:」と入力すると、
NFTSのファイルシステムに起きているエラーのチェックと修復が実行されます。

また、事前にコントロールパネルから「システム修復ディスク」を作成しておく方法もあります。

後に動作が停止するなどの問題が起きた時に、オペレーティングシステムの回復オプションの画面を開いて、
ウィンドウズの修復機能である、「スタートアップ修復」や「システムの復元」を実行してみる方法も有効です。

タスクマネージャーの画面からプロセスを終了して動作の停止を直す

次に、Microsoft Windowsのパソコンのデスクトップの画面で、タスクマネージャーの画面を開いて、
現在の状態でメモリやCPUをかなり使用しているプロセスを終了してみると、軽くなることもあります。

あるいは「サービス」か「詳細」のタブで、実行中の不要なシステムを一旦終了して、動作を軽くすることもできます。

また例として、ドスパラ製のパソコンでの、
問題のある常駐ソフトを特定する方法 (Windows 10)の解説も参考までに。

それでも頻繁にフリーズやエラーが発生してしまい、動作が停止する問題が直らない時は、
場合によっては、ウィンドウズの再インストールの操作を実行されてみてください。

セキュリティソフトの設定を見直して回復を試してみる

次に、お使いの大切なパソコンや電子機器を、ネットワーク上に潜むコンピューターウィルスやスパイウェア、
マクロウィルス、トロイの木馬などの、有害なワームのプログラムや不正システムから保護する、
アンチウィルスソフトウェアをインストールして、常時稼働の状態に設定しておかれることも必須です。

また、ウィルスバスターといった、一部の市販のアンチウイルスソフトで使用できる、
複数台のパソコンやモバイル装置を、一つのボリュームライセンス(volume license)で運用されている場合には、
インストールの際に決められている制限の台数を超過すると、
以前のどれかのコンピューターを無効にする指示が出ます。

また、Windows7のSATAハードディスクのデータ復旧を実践する方法については、こちらのページにて。

もし、すでにコンピューターウィルスがだいぶ感染していて回復しない状態の場合は、
ソフトウェアのインストールの前に一度電源を止めて、パソコン修理センター、
またはデータ修復のサービスで状態を見てもらい、システムやファイルを直してもらわれることを推奨します。




パソコンのパーツを性能の高い製品に交換する

もしこれらの作業でも、Windowsの動作がよく停止する問題が直らずに、
コンピューターがなかなか立ち上がらない場合は、メモリやCPU、マザーボードといったパーツに、
故障やスペックの不足が起きている可能性があります。

その際には、PCケースの蓋を開けて、パーツを交換する必要があります。

また、パソコンケースの排熱のための金網の部分に埃やごみが付着していたりすると、
冷却の効率が不十分になり、CPUやHDDの動作を鈍らせてしまう原因にもなりえます。

一度パソコンの外側、内側をともに見直して、簡単に修復できる部分をチェックされてみてください。

パーツの換装作業や読み込めないデータの復旧の措置が、自身では難しそう、という場合はやはり、
専門事業のパソコン修理サポートやデータリカバリーサービスにて、修復をしてもらわれることもおすすめします。