初期化してしまった全データを復旧する方法とは?

パソコンに内蔵されたHDD(Dドライブや増設したもの)や外付けハードディスク、USBメモリやDVD-RWなどの
データ記録装置に間違えてクイックフォーマットをかけたり、
「フォーマットしますか?」の選択肢で勢い余って「はい」を押してしまうと、
それまでに書き込みして保持していたすべてのデータがなくなってしまいます。

そんな時には、消えたファイルをリカバリーすることはできる?という疑問について。

表示が消えた状態からでもデータを復元できる?

まず、一見、データ記憶装置から全部のファイルやフォルダーを消してしまったように見えても、
この段階なら実際は『初期化しました』という認識を書き込んでいる状態なので、データそのものはまだ復元可能です。

電子計算機や音響・映像機器・補助記憶装置・ストレージなどのデジタル機材から、保存したファイルを
すべて消去してデータ記憶装置に書き直せる状態にする
「フォーマット」(format、形式・様式・書式の意味)を実行すると、表示の上では電子媒体のディレクトリは真っ白になります。

また、パソコンのOS(オペレーティングシステム)の機能でデータの記録を管理する
「ファイルシステム」(ファイリングシステムという意味からの派生)も、データ記憶媒体の中身を
購入時の状態にデータを消去して空き領域を拡張するための「初期化」(再インストール)をすると、
同様にファイルが消去されます。

この後で何度も上書きしてしまうと初期化前のデータは本当に消えてしまうのですが、
その前にすぐに専門のデータ復旧サービスセンターに注文をして、
初期診断の後で痕跡からの復旧作業を行ってもらい、元に戻すことができます。




フォーマットした後でのファイルの復元をするには?

例えばWindowsのパソコンの場合でしたら、リカバリーをした後でもスタートメニュー→すべてのプログラム
→アクセサリ→システムツール→「システムの復元」と操作し、
以前に復元ポイントを作っていた地点までCドライブに保存していたシステムやデータを復活させられます。

(Windows8の場合は「Windows 7のファイルの回復」などの機能を使用します。)
 
しかしリカバリーディスクから再インストールを行い、
丸ごとOSをリセットさせた場合にはシステムの復元からはできなくなります。

そのまま上書きインストールを続けると、ハードディスクやSSDの痕跡データが消える可能性があるため、
先にデータ救出サービスにて見てもらうことをおすすめします。

どこかに残っている分のデータを探すには?

Window10をインストールして使っているパソコンで、dynabookなどの専用のソフトウェアの調子が悪く、
アインストールやパソコンの初期化をしてから再インストールをしようと思ったらできなくなった場合は、
タスクバーに「アプリケーションの再インストール」と入力して、
インターネットからアプリケーションのインストールの方法が書かれたブラウザページが複数表示されます。

詳しくはそちらをご参照ください。

また復元ポイント以降に書き込んだファイルも取り戻したい時や、
バックアップまたは復元ポイントの指定をしていなかった場合、
更に外部のデータ記憶装置の場合はこれらの標準機能では難しくなります。

よくあるバックアップしたフォルダーの保存場所とは?

一部のデータは、クラウドストレージのサービスに自動差分のバックアップで送信されていたり、
以前に送ったメールの添付ファイルとして残っている、またホームページのファイルマネージャーに
保存されている、といった具合に、ネットワーク上から回収する形で復旧ができることもあります。

内付けのローカルディスク(Cドライブ)をフォーマットした場合ではなく、外付けHDDやUSBフラッシュメモリ、
SDカード、スマートメディア、MOなどの補助記憶装置を初期化した場合はバックアップが通常、
どこにも作られないため、まだクイックフォーマット後に残っている痕跡から復元することになります。

プロのデータ復旧サービスの方で復元してもらう

初期化した後でまた新しい拡張子の上書きをすでに何度も繰り返してしまっていると、
だんだん修復できる確率が下がってしまうのですが、
実際には数か月以上前に読み書きの多いパソコンの内蔵ハードディスクドライブから消えたデータでも
プロの業者の技術で元に戻してもらえる事例も多いです。

フォーマットを掛けてしまった後は自力で完全に全部の拡張子を元の形に復活させられる確率は低いので、
やはり専門業者のデータ復旧サービスセンターへ出して、状態の初期診断を受けてから、
初期化したデータを復元してもらわれることを推奨します。

またフォーマットで消したデータの復旧の注文は「論理障害」に分類されますので、
HDDの物理障害による故障といったトラブルよりも安いプランで直してもらえます。