データ修復フリーソフトに出来る事は?

『DataRecovery』といった、ダウンロードで簡単に入手できるツールである「フリーソフトウェア」
(freesoft)は、市販で有料の復旧ソフトウェアに比べると使用できる機能が少なくなります。

ゴミ箱やCドライブのフォルダーなど、
普通によく使うディレクトリでのデータ復元のみに特化したフリーソフトが多いです。

データ復活ソフトウェアの実践効果

そのかわり、ごみ箱やプログラムファイルのフォルダ内で消したファイルを復旧する際にはかなりの効果を
発揮し、最近消したデータであれば大抵のものは1時間とかからずあっという間に復旧できます。

削除をしても実際にはまだパソコンのハードディスクドライブには、
「ディレクトリの領域から消去しました」、という実行指示を送っているのみで、

痕跡はまだすぐには無くならない為、後で他のデータに上書きされる前に
ファイル修復ソフトで直していきます。





数千回、数万回とファイルの上書き・削除を繰り返し使い込んで故障しかけた
MO、DVD-RWなどのリムーバブルディスク内の削除データも
実践してみると驚くほど大量に消去ファイルを回収することができます。

しかしデータ修復ソフトウェアのスキャン診断機能を使っても検出ができずに直せない
障害の代表として、かなり昔に消したデータは痕跡がスキャンで見つからないことも多いです。

また、市販のデータ復元ユーティリティーに比べると、
拡張子が破損した状態で復旧されてしまうケースも多く出てきます。

またUSBメモリなど一部のデータ記録メディアの相性によっては、途中でエラーが出てしまい、
全てのデータが検出されにくいこともあったりと、決して万能ではない点もあります。

ですが、かわりにフリーでデータ回復ツールをで入手できる、という利点がやはり強みですね。

もしフリーウェアの復旧ツールや有償のシェアウェアを使用しても、消去されたデータが
壊れていたり、どうしても開かない場合には、プロのデータ復旧サービスにご依頼をされていた
診てもらうことで、ずっと高い割合で失ったファイルの復元が可能です。



『「ソフトウェアでの復元」のカテゴリーの前後のページ』

«

»