データ復元フリーウェアソフトが使える機器は?

なくなったデータファイルを修復するフリーソフトウェアで、主に対応されているな電子機器製品について。

ダウンロードサイトから入手できるデータ復旧の機能を持つフリーソフトは、
主にパソコンのハードディスクやSSDの内部に保存されていたファイルをはじめ、
他にも外部接続のリムーバブルディスクなど様々なデータ保存メディアにも使うことができます。

各ユーティリティーの復旧の機能

お使いのユーティリティーごとの機能の充実さや性能、対応の機器の差にもよるのですが、
デジタルカメラのSDメモリーカードやUSBメモリ、外付けハードディスクなど、
パソコンにUSBケーブルで繋げて使いデータを保存する機器なら多くの機材にで使用できます。




主なデータ保存媒体には、パソコンに内蔵されたハードディスクやSSD、外付けHDD、ポータブルSSD、microSDメモリーカード、CD/DVD-RW、
ブルーレイディスク、USBフラッシュメモリ、メモリースティック、コンパクトフラッシュ、フロッピーディスクなどがあります。

注意点としまして、ソフトウェア内のプログラムやパソコンのスペックとの相性により稀に
エラーや読み込み不可といったトラブルが起きてしまうこともあるので、あらかじめご了承ください。

マシンやOSごとの違いの場合

それぞれのフリーソフトの種類やユーティリティーの基本的なプログラムはどのソフトウェアもそれほど大差があるというわけではなく、
例えばパソコンの電源が入らない、黒い画面しか映らない、周辺機器が壊れていた
といった場合はソフトウェアのシステムによるスキャン自体ができなくなってしまいます。

また、Windows、Mac、LinuxなどOSのうち対応できないオペレーティングシステムのある
フリーウェアソフトもありますのでダウンロードや購入の前に必ずご確認ください。

データ復元ソフトを使って削除やフォーマットの措置で消去してしまった目当ての拡張子が
検出できなかったり、破損した状態で復元されて完全には元に戻せなかった場合は、
プロのデータ復旧サービス業者に問い合わせて依頼をされてみることをおすすめします。