ハードディスクの修復は個人でどこまで可能?

よくある質問としまして、パソコンや外付けデータ記録媒体などに幅広く使われている、
「ハードディスクドライブ」(Hard disc drive)が何かの不具合や故障を引き起こした時、
一般の個人(自分自身)ではどこまで修復できる?という疑問について。

パソコンのどのパーツが故障したかを検査するには?

まず具体的に、どういう風にコンピューター全体に問題が起きていて、
本当にハードディスクの方が壊れているかどうかを確かめることは、割と簡単にできます。

パソコンを2台以上お持ちであれば、PCケースを開けて、一時的に故障したマシンに
内蔵されていた方のハードディスクと交換して接続して起動するだけでチェックできます。

(IDEとSATA方式、2.5インチと3.5インチサイズの違いには注意してください。)

別のPC本体でも同じように動かなかった場合、消去法で不具合は他のパーツではなく、
やはりHDDに問題が起きていると言えます。(ごく稀に細かい部分での例外もあり。)




カーネルに不具合がある時に修復するには?

次に、WindowsやMacのオペレーティングシステム(カーネル)がソフトウェアの更新やインストールの影響、
コンピューターウィルスへの感染やレジストリの損傷などで、不具合が出ている場合について。

まず、ほとんどの場合は「システムの復元」やOSの「再インストール」(リカバリー)で修復できます。

また、レジストリの修復ソフトを使って、Windowsの問題をある程度まで直すこともできます。

また、HDDを内蔵した製品の破損したデータファイルは修復できる?という疑問については、こちらのページにて。

HDDの再セットアップをすると、CドライブやDドライブは一度初期化されて、データが消えてしまいます。

ですが、事前にバックアップをしていて、その中に問題のあるプログラムが混ざっていなければ、
書き込み直しによる修復の後に以前と同じように、正常にそのハードディスクを使用できます。

調子の悪くなったHDDは個人でどこまで復元できる?

次に、一般の個人でハードディスクの修復ができるのは、
基本的にはシステム上の問題が起こっている「論理障害」の段階までになります。

ハードディスクの外部に付いているコントローラーボードとインターフェースが破損して、
アクセスエラーが起きている場合は、Windowsのエクスプロ―ラーでボリュームが認識できなくても、
macOS/Mac OS XやUbuntuで接続すると、一般の個人でもストレージを開き直せる場合があります。

そして、Windowsでもう一度HDDを読み込みすると、自動的にエラーが修復されていて開ける場合もあります。

また、HDDケースとは…?外付けHDDを簡単に自作できる!?使い方・特徴 の解説も参考までに。

読み込みできないハードディスクを認識するには、プロのデータリカバリーサービスに注文して、
パソコンやその内部のファイルのレスキューの措置を行ってもらうこともできます。




ハードディスクを構築している部品が破損した時は?

しかし、「ヘッドクラッシュ」や異物の混入、プラッタ(円盤部分)の傷、モーターの損傷、
プラグの破損、老朽化、といった「物理障害」が起きた場合は、
ハードディスクドライブの修復は一般の個人ではほぼ不可能になります。

工具で分解しても、どの部分がどう壊れているかは非常に判別が難しい上に、
代わりのパーツを別のHDDを分解して取り外して交換する方法を取ろうとすると、
HDDの内部に大気中のごみや埃、湿気などのミリ単位以下の小さな異物が混入して、
ハードディスクが更に物理的に壊れてしまう可能性が高く、非常に危険になります。

HDDからまだ使うデータファイルを復旧してもらうには?

もしHDDが壊れたら、基本的には消耗品ということで別のHDDをもう一台購入して、
パソコン本体から交換して、バックアップの分からデータを移し変えたり、
OSをインストールし直す、という形が主な修復の作業になります。

バックアップを取っていなくて絶対に復元させたいデータが、まだ壊れたHDDの中に残っていた場合は、
プロのデータ復旧サービスセンターにハードディスクを出して、
内部のファイルなどを回収してもらうのが最も確実です。