HDDを内蔵した製品の破損したデータファイルは修復できる?

磁気ヘッドを用いた大容量記憶媒体:ハードディスクドライブは現在、
パソコンだけでなく他の様々な電子機器にも導入されていることをご存知でしょうか?

Windowsパソコン、Macパソコン、外付けハードディスクドライブ、
NAS、LANDISK、RAID、サーバ、ワークステーション、携帯音楽再生装置、
ハードディスクビデオレコーダー、カーナビゲーションといった製品があります。

と、近年では数多くの高性能なコンピューター機器にも内蔵されて、
HDDの普及率と知名度はますます高まっています。

その分、上記のような電子機器にはメモリーカードなどを使わずともデータやプログラム、
システムを保存できる便利な仕様になっている分、HDDがヘッド吸着や老朽化、ショートなどで
故障してしまった際でのデータ損失のアクシデントが懸念されます。

ハードディスク破損の修復は本来かなり困難で、内部回路の
ヘッドやアーム、プラッタなどの部品が壊れているような状態での
HDDの故障が起こると、修理字体はほぼ不可能になってしまいます。

しかしながらハードディスクドライブであることに変わりは無いため、プロの
データ復旧サービスセンターにて内部に取り残されたファイルの取り出し作業も行ってもらうことが
できますので、もしバックアップをされていなかった場合でもまだ元に戻せる望みがあります。

HDDは一度物理的に故障してしまうとほぼ修理は不可能ともいえる一種の消耗品
なのですが、論理的なシステムのみが破損しただけでしたら『システムの復元』や
再セットアップ』といった作業でもう一度使用できるように修復できます。

しかしPCではない他の機器に内蔵されているHDDの場合は自力で行うには
設備や知識が必要になりますので、専門業者の方に行ってもらった方が安全です。