ハードディスクの基盤が故障したら交換できる?

パソコンや外付けHDD、レコーダー、RAID、NASなどのコンピューター機器で
データ記憶装置として使われる[ハードディスクドライブ]には、
表面に「コントローラ基盤」というパーツが取り付けられています。

コントローラボード

この基盤(ハードディスク・コントローラボード:hard disk controller board)は
読み込みに必要なファームウェアが書き込まれたフラッシュメモリや、
ケーブルを差し込みするための端子などの部品が一体化しています。

そしてプラッタやモーターといった他の回路と違い、ケースの外側に付いています。

そのため、ハードディスクを交換したり増設する時や外へ持ち運ぶ時には、
丁寧に取り扱わなければうっかり破損させてしまうおそれもあります。

[基盤が破損する一例]

・何かの角にかすって基盤に傷をつけてしまった。
・強い衝撃や圧迫で割れたりヒビが入ってしまった。
・ケーブルを差し込みするコネクタのピンが折れた。
・水分などが付着して、錆びて腐食していた。
・過熱や電気でボードの一部が焼き焦げて焼損した。

基盤に深刻な損傷が発生すると、パソコンやサーバ、NAS等に組み込んで
いざ接続した時に、デバイスが認識しなくなってしまいます。

そんな時、HDDの基盤の部分だけが故障している状態なら、
別のハードディスクの方から基盤を壊れていないものに交換すれば、
内部に書き込みしたデータを一時的に読み込み直しができる?という疑問について。





まず、基盤は数年以上前のIDEのハードディスクの場合は普通の+ドライバーで
固定ネジを4本ほど外して、下の保護クッションとともに簡単に取り外しができます。

基盤

最近のSATAハードディスクには六角の星の形をしたトルクスネジが使われているため、
「トルクスドライバー」という別のドライバーを購入して取り外します。

HDDはデリケートで精密機器ですが、基盤を取り外しただけなら
傷などが付かない限りは簡単には故障しません。

しかし、コントローラ基盤は複数のHDDの外観を見るとすぐに確認できるのですが、

「Seagate」、「HITACHI」、「Western Digital」などの製造メーカーの違いや、
製品別の方式、サイズ、製造年月日、ロットの違い等によって、
同じメーカー先のハードディスクでも多くの場合、基盤の形状が異なります。

全く同じ形の基盤が取り付けられているHDDは、全く同じ製品を
新しく探して購入しなければ、偶然にはなかなか揃わない事が多いです。

ケースの表面に基盤を正しく当てはめて固定しなければ、正常に接続ができません。

また近年に製造されたハードディスクは特に、型番や製品名が完全に同じ物でも
フラッシュROM(搭載メモリ)に書き込まれている[ファームウェア]のデータが
それぞれ個別の製品ごとに異なる場合が多いです。

SATA HDD

そのため、同じ形状で別のHDDに付いていた基盤に交換しても、
本体に記録されたファームウェアと整合せずにエラーを起こす可能性が高いです。

一昔前のIDE方式のハードディスクや、製品単位(ロット)で製造年月日が
ほぼ同じものであればまだファームウェアが一致するか、
読み込みエラーが発生せずに済んで無事にデータを認識できる可能性もあります。

しかし読み込みが出来ず不具合が発生してかえって破損を深刻な状態に
悪化させてしまったり、別の故障を引き起こしてしまう危険性も高いです。

一般個人ではHDDの基盤交換は無理に行わないようにしましょう。

また、HDDのプラッタとヘッド吸着を起こしてしまう物理障害や、
オペレーティングシステムのファイルが破損する論理障害が起きていて、
基盤とは関係のない部位で故障していた場合は、基盤を交換しても直らないため、
別の破損しているパーツを発見して、交換、または修復をする必要があります。

もし基盤が破損した場合は、HDDが内蔵されていたパソコンの等の購入先かハードディスクの
生産元のメーカー先のカスタマーサポートに問い合わせをして、状態を詳しく伝えてみてください。

基本的にはやはり個人で無理に直そうとせずに、メーカー先に電話やメールで連絡をして
修理サポートのサービスに出して直してもらわれる事をおすすめします。

基盤が故障して読み込めないハードディスクから早急に内部データの取り出しを
行わなければならない時には、HDDの物理障害に専門的に対応されている
データ復旧サービス会社に問い合わせをして、依頼をされてみてください。



『「故障の診断・検査」のカテゴリーの前後のページ』

«

»