ハードディスクのインターフェース(コネクタ)が破損したら?

パソコンなどのコンピューター機器の内部で、電源ケーブルやSATA/IDEケーブルを差し込んで、
ハードディスクドライブを読み込む時に、コネクタを接続する「インターフェース」の部分か、
接続ケーブルの端子が物理的に割れたり、ピンが折れたり汚れや錆が付いて破損したら、
どうすれば読み込みのできなの状態からドライブ装置を回復できる?という疑問について。

HDDの差込口にまだプラグが接続できるかどうかを確認

まず、ハードディスクのコネクタ(接続部分)は、
「IDE」(パラレルATA方式)と「SATA」(シリアルATA)の二種類があります。

このうちIDEの方の場合、例えばインターフェースの大きな差込口の部分に、
埃やゴミが詰まっていたら、それを丁寧に取り除きます。

もしピンが少し曲がって電源ケーブルが差し込みできなくなったら、
ピンセットなどを使って、折れて取れないように慎重にまっすぐな方法に直してみましょう。

SATAケーブルやIDEケーブルの方のコネクタが、割れたり折れたりして破損した場合は、
ひとまずケーブルの方を新しく買って交換して、再度接続してください。

電源ケーブルのコネクタの一つが少し割れてハードディスクの方の端子に差し込めないような破損が起きた時は、
電源ユニットから伸びたコードの別のコネクタに差し換えてみてください。




ハードディスクのインターフェースとコードが固定されていたら?

また、市販のコンピューター製品に搭載されている内蔵ハードディスクの場合、
インターフェース(差込口)の部分に、ケーブルコードのコネクタが、専用の糊やテープで固定されている場合があります。

ハードディスクの交換をする際に、シールや糊を剥がす時にそれの一部が差込口に付着したまま残っていて、
接続面に異物が挟まっていたり、破損の原因になる可能性もあります。

インターフェースのコネクタの差込口の部分の汚れを見て、丁寧に掃除を行って除去してください。

ハードディスクのコントローラが破損した時には?

問題はやはり、HDD本体のインターフェースが割れたり、ピンが削れたり折れて取れたり、
落ちない汚れが付いたり錆び付いたりして破損してしまった場合ですね。

HDD本体のインターフェース(interface/接合点)の部分は、カートリッジの外側表面に
螺子で固定されている「コントローラー」、すなわち『ハードディスク・コントローラボード
(hard disk controller board/基盤)と一体化した部品として接続されています。

ハードディスクのシリアルインターフェースとパラレルインターフェースの両方とも、
このコントローラーボードは中身のプラッタやヘッドなどの重要な回路とは直結していない、
外部の接続パーツなので、螺子を外せばコネクタの差込口ごと取り外すこともできます。

内部の構造が複雑なパソコン本体でハードディスクの取り外しが難しい、という場合は、
プロのデータリカバリーサービスで、レスキュー作業の代行をしてもらうこともできます。




HDDのインターフェースの箇所が壊れていたら?

次に、外側の基盤やインターフェースが破損する物理障害の一種のトラブルが発生しても、
まだ中身のプラッタやヘッド、スイングアーム、スピンドルモーターなどの回路は
無事である可能性が高いので、データの復旧自体はまだ十分に可能である見込みがあります。

しかし、HDDのインターフェース(コネクタ)の部分は どの製品もIDEかSATAのみで、
ほぼすべて同じなのですが、「ハードディスク・コントローラーボード」の方は、
WesternDigital、TOSHIBA、SeaGateなど、各社の製品によって形状が大きく違います。

詳しくはSeagateサポートなど、各メーカーの解説を参考までに。

更には同じメーカーでも3.5インチと2.5インチ、SATA方式とIDE方式での違いもあり、
製品の種別一つによっても形が違います。

また、ポータブルHDDがパソコンで読み込みできない時の復旧方法については、こちらのページにて。

また近年に作られたハードディスクには、製品一つ一つに認識番号などが割り当てられています。

そのため、まったく同じ製品の規格の別のハードディスクに付いたコントローラーを分解して取り外して
コネクタが破損したハードディスクに一時的に付け替えても、
搭載メモリの『フラッシュROM』に記録されているファームウェアのデータが違うため、
アクセスエラーが出てデータが開けない可能性が高いです。

読み込みできないストレージからデータを復旧するには?

次に、一昔前のハードディスクであれば、まだ破損したコントローラーの交換によって、
ハードディスクのデータの読み込みを復旧できる見込みもあります。

コントローラーを固定している螺子は、十字螺子や星形の螺子などがあるので、
プラスドライバーやトルクスドライバーを使って一つずつ丁寧に取り外します。

ですが、実際に形状が合ったコントローラーボードのHDDがたまたま手元にあっても、
上記のようにファームウェアの認識エラーが発生して結局読み込みができなかったり、
今度はHDDの中身にまで別の問題が発生するおそれもあります。

一般の個人でのHDDの分解・交換作業中に間違えてボード・インターフェースやコネクタに、
傷を付けてさらに破損するおそれもあるので、あまりおすすめのできる方法ではありません。

インターフェース(コネクタの端子)やボードが破損して読み込めなくなった時は、
やはりハードディスクの製造メーカー元企業のサポートサービスか、
データ復旧サービス会社に問い合わせて対応してもらう方がより確実です。