RAIDの基板が壊れた時にデータ救出はできる?

ハードディスクドライブの物理障害の対策として、HDDを多重化してデータを保存する「RAID」(Redundant Arrays of Inexpensive Disks/レイド)を使用している際、ケースに内蔵されている基板(コントローラーボード)が ある時故障した、と思われる場合、データ救出をすることはできる?という疑問について。

コントローラの破損

まず、RAIDの基板(コントローラー)が破損すると、そのままではデータの読み込みができなくなり、コンピューターが認識されなくなるため、多くの場合、個人では復帰ができません。

また、システム面でも同時にディスクアレイが崩壊している可能性があります。

赤いランプが複数のドライブベイの箇所で付いたり、パソコン上でも複数のディスクでのエラー表示が出ると、HDDを入れ替えても直らない場合が多く、特に注意です。

コントローラーが故障すると、新しい基板に交換しなければ直せないのですが、パソコンのマザーボードなどと違いRAIDケースの場合は市販では基本的に売られていません。

そのため、RAIDケースをメーカーの修理に出すことで直してもらうことになりますが、それまで保存していたデータはセキュリティ上、初期化により消去されます。

そのため、専門業者のデータ復旧センターに出して診てもらうのが最も安全です。




エラーの状態を確認

自身で何とかしてハードディスク一台RAIDケースから取り出しして、開いてみたい、という際には、HDD自体が壊れていなければ、まだ多くの場合、内部に書き込まれているファイルやフォルダー自体は問題なく残っています。

まずは、エラーランプの点灯・点滅の状態などを確認して、状態をチェックされてみてください。

DriveStationのコントローラーが故障した時にランプで表示されるエラー

一度RAIDケースからすべてのハードディスクドライブを取り出します。

別のRAIDケースに差し替えをするか、外付けハードディスクケースやUSB変換ユニットに差し込みしてUSBコネクタにつなげて、パソコンに読み込みをしてみます。

またはデスクトップ型パソコンのケースで空いているドライブベイに増設をする形でDドライブ~として開いてみると、仕様によっては読み込める可能性があります。

ですが、ファイルシステムが対応されていなかったり、エラーが発生して開けない、またRAIDソフトウェアの仕様により、デバイスマネージャーにはボリュームが認識されても内部のデータ自体は読み込みできない、という場合が多いです。

もし同じ種類、または同じ仕様のRAIDソフトウェアがあればそちらをパソコンにインストール・セットアップして、RAIDのハードディスクをすべて増設するか、別のRAIDケースの筐体に差し込んで、読み込みをしてみる、という方法もあります。

ですが、RAIDのディスクアレイが崩壊していたりすると、やはり正常にデータが読み込みできずエラーが出てくる場合が多いです。

どうしても開けない時はやはり、RAIDを取り扱われているプロのデータ復旧サービスに問い合わせて、診断とファイル救出の措置を受けてもらわれることをおすすめします。