HDDが壊れる寸前の状態でパソコンの修復はできる?

パソコンを付けたときにWindowsのローディング画面から先に進まないので強制終了したら、
黒の画面に「Windowsを通常起動する」「Windowsの問題を修復する」と出た時には、
どうすれば復旧ができる?という疑問について。

「ディスクのシステムボリュームが壊れています」と表示されたら?

こちらの一例では、ユーザー様からいただきましたご質問についての回答での形で、記述をいたします。

青い画面の「スタートアップ修復」で、「正常に完了しました」→「完了」ボタンをクリックして
画面がWindowsのロード画面へ戻り、いつまでたっても先に進まないので強制終了→電源を付ける
→再びスタートアップ修復が始まる→これの繰り返しで、そしてスタートアップ修復での
「見つかった根本的な原因」は「ディスクのシステムボリュームが壊れています。」と表示される。

そこでHDDが物理的に壊れ始めていたようなので、新たにHDDを購入し、
換装を試みたところ、HDDの取り外しがうまくかず、本来ハードドライブタブが
付いているはずの部分(HDDの端の方)がネジで固定されており、タブらしきものは
中央についていて、試しにネジを緩めてみたら、逆側も固定されているらしい状態。

また、壊れかけたHDDにchkdsk(ファイルシステムの修復・スタートアップ修復の完了時の
「診断および修復の詳細」の項目)はしない方がいい」と出て、バックアップも取っていないので、
ハードディスクが壊れる寸前と思われる際、パソコンを修復できる方法はある?というケースについて。

KnoppixやUbuntuからパソコンを起動するには?

Windowsがどうしても立ち上がらないため何とかして回復したい、という場合、別のOSである
Linuxの「Knoppix」や「Ubuntu」がインストールされたCD/DVDディスクを入手して、
PC起動時にDVDドライブに挿入して、そちらで起動されてみる復旧の方法があります。

パソコンを開いて最初に出てくるロゴマークが出たときにDELキー(マザーボードによって異なる)を
押してBIOS設定画面を開き、DVDドライブを優先して読み込ませるように設定します。

外付けHDDにデータをバックアップして復旧するには?

ハードディスクがかろうじてまだ動く様子でしたら、
ウィンドウズが破損しているかわりに、LinuxのOSなら開けるかもしれません。

KnoppixまたはUbuntuで開けたら、外付けHDDやUSBメモリーを接続して、
Cドライブの内部の必要なファイルをコピーペーストして移し変えて、
バックアップデータの取得をする形で復旧ができます。

エラーチェックとフォーマットを実行するには?

しかし「ディスクのシステムボリュームが壊れています」と出ていることは、
HDDが故障する直前か、手遅れになっている状態と思われますので
見込みは五分五分かそれ以下の状況になっているかもしれません。

ウィンドウズがまだ何とか開く状態でしたら、すぐに「設定」などを開いてバックアップをします。

ハードディスクが壊れる寸前に見えても、実際はエラーチェックをかけて、フォーマットを行い、
空き容量を増やすと、パソコンの問題が修復される場合もあります。

新しいハードディスクに交換する

パソコンの内部ハードディスクの交換は、まずハードドライブ・ベイが手前になる位置に
本体を置いて、ハードドライブカバーのネジ2つを緩めて、次にカバーを開けて、固定用ネジを外し、
その後でタブを指定の左方向に引くと外れる見込みがあります。

それでも取れないようでしたら、カスタマーサポートに直接お問い合わせをして
HDDの取り外し方を訊かれてみることをお薦めします。

データ復旧サービスセンターで見てもらう

ですが、カタカタ、カコンカコン、と異音が鳴るようでしたら、ヘッドクラッシュが発生していて
重度の物理障害で、いつ完全に壊れてもおかしくはありません。

やはり一番確実なのは、壊れる寸前のハードディスクをパソコン本体から抜いて、
専門のデータ復旧サービス店からドライブ内部のファイルを
抽出してもらわれてみたり、パソコン修理サポート店で新しいHDDに換装してもらい、
オペレーティングシステムをインストールし直してもらわれる修復の方法を推奨します。