「ハードディスクの問題が検出されました」と出た時の修復の方法とは?

しばらく長い間 Windowsのパソコンや、外部接続の外付けHDDを使っていて、
ハードディスクの問題が検出されました」というメッセージが
突然表示された時の状態から修復するには、どのように対処すればいい?という疑問について。

「ハードディスクの問題が検出されました」と表示されたら?

まず、Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンで、
この「ハードディスクの問題が検出されました」のメッセージが表示されている段階なら、
まだWindows自体は動かせている状態となります。

なので、今すぐパソコンが壊れてしまう、というわけではありません。

しかし、いつ深刻な故障になり、急に止まってしまうかもしれないため、
そのまま同じように使い続けずに、まずは適切な対処を行ってください。

ハードディスクの問題が検出される不具合(Malfunction)の原因としましては、
不良セクタ(不良クラスタ)という壊れた箇所が発生した場合があります。

また、「S.M.A.R.T.」(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)
という名称の、状態をチェックする機能でHDDにエラーが発見されることもあります。

WindowsのOS上で起きているシステム的な問題ではなく、ハードディスク自体の構造の中で、
エラーが起きているため、いつ故障してデータが読み込めなくなってもおかしくない状態です。




「ディスクの修理または交換が必要かどうかを確認してください」と出たら?

最初はまず、メッセージの一文に、以下のような警告文が表示されます。

『データの損失を防ぐためにディスクの上のファイルを直ちにバックアップしてから、
コンピューターの製造元に連絡して、ディスクの修理または交換が必要かどうかを確認してください。』

このように書かれている通りに、外付けハードディスクやポータブルHDD、DVD-RWなどの、
補助記憶装置(Auxiliary memory)を接続して読み込み、必ず重要なデータのバックアップを取ってください。

「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」の機能を使用

そして次の操作は、スタートメニューの「PC」(マイコンピューター)→「ローカルディスク(C:)」
またはほかのローカルディスクやリムーバブルディスクのアイコンを、右クリックします。

次に、プロパティを選択→「ツール」のタブを選んで、エラーチェックの項目にある「チェック」を押します。

「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」と「不良セクタをスキャンし、回復する」の項目に、
それぞれチェックを入れて、「開始」を押します。

これで、HDDに発生しているエラーもある程度、修復されます。

また、「ドライブの最適化とデフラグ」の項目で「最適化」をクリックします。

そして、「分析」と「最適化」を順に押して、ディスクデフラグを行います。

Cドライブの方は、最近のWindowsのパソコンでは、定期的に自動でディスクデフラグが実行されます。

パソコンの負荷を下げて使っていくには?

しかし、「ハードディスクの問題が検出されました」と警告のメッセージが表示されてから、
Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコン上で、
これらの修復の処置を一通り行っても、ローカルディスクが完全に直るとは限りません。

パソコンに搭載されているハードディスクドライブや外付けHDDが後日、
急に物理障害で破損してしまう可能性もあります。

たとえば、長時間連続でPCを稼働されていると、起動中はパーツの負荷も上がってきます。

そのため、パソコンの操作といったコンピューターに関するワーク作業をされる際には、
必要でなければなるべく一日おきごとにPCの電源をオフにして、
作業をされていく習慣を心がけられるのが良いでしょう。

長時間画面を見続けることによる目や頭の疲れも軽減されますので、作業の能率も少なからず上がっていきます。

外付けハードディスクを使う時に起こるトラブルについては、こちらのページにて。

ハードディスクドライブが物理的に故障した時は?

また、夏場は時々、部屋の窓を開けて空気を入れ替えたり、換気扇を回したりして、
部屋の中の温度を上げすぎて機器の熱暴走を引き起こさないように、注意をされることも大切です。

自分でHDDの中身を開いて取り出して直す、という方法はなく、逆にHDDは、
わずかな塵や埃、水分が侵入しただけで壊れるほどの精密な機器なので、分解などは決して行わないでください。

そのため、いつストレージが故障してもすぐに交換修理ができるように、
新品のハードディスクドライブをあらかじめ購入されておくことをお薦めします。

またはいつか壊れてしまった時には、パソコンの修理サービスに問い合わせをして、
HDDの交換作業を行ってもらわれることもお薦めします。