ハードディスクドライブのヘッドクラッシュとは?

パソコンやLandiskに搭載されているハードディスクドライブ(Hard disk drive)には、磁性体が塗布された
円盤(ディスク)が入っており、磁気ヘッドを用いてデータファイルやプログラムなど
様々なPC内の情報が書き込まれて記録や読み込みが行われる仕組みになっています。

ハードディスクドライブが故障を引き起こす原因とは?

しかしながらパソコンを長い期間使っているうちにハードディスクドライブは日々、
磨耗していき、故障が起こりやすくなっていきます。

また、精密機器であるためわずかな塵や埃、湿気が内部に浸入したり、外部から
強い衝撃を受けただけでも故障の原因となってしまいます。

これらが原因で磁気ヘッドの部分が円盤(ディスク面)に接触してHDDが故障し、
読み込めなくなることを『ヘッドクラッシュ』と呼びます。

クラッシュによりHDDのデータを失わないためには?

ハードディスクドライブはほぼ修理のきかない消耗品であるため、クラッシュが
起きる前に出来る限りこまめにバックアップを取る必要があります。

また少し前のハードディスクに稀に起こる『プラッタ軸不良』という、
ディスク部分のモーター軸にずれが生じて読み込みが遅くなる状態もあります。

この場合は、一般個人で深刻な故障の起きたHDDを修復をするのはほぼ不可能になります。

その際には、プロのデータ復旧サービスセンターにお問い合わせをして、中身のプラッタから、
破損していたファイルを引き出しして、別の補助記憶装置の方にデータを移し替えてもらうことで
直してもらうことになります。

ヘッド完全接触型の破損とは?

ハードディスクドライブで起こりうる、主なヘッドクラッシュ(head crash)の分類として、
まず、「ヘッド完全接触型」の場合は、特に起こりやすい、なおかつ修復の難しい事例です。

HDDの持ち歩き中にどこかに強くぶつけたり、うっかり手が滑って持っていたドライブ装置を落としたり、
移動中にパソコンを起動していて振動を受けたりして、物理的な衝撃が起きたなどによく起こりえます。

ストレージに強い衝撃を受けたり、パーツの摩耗や異物の侵入により磁気ヘッドが円盤に完全に定着してしまい、
ヘッド部分または磁性面が傷ついた状態を指します。

ヘッド吸着型の故障とは?

次に、「ヘッド吸着型」の場合は、長い間使い込んだパソコンや外付けの装置などで起こりやすく、
内部パーツのヘッドの部分がプラッタにが吸着してしまう状態を指します。

モーターから振動音がしなくなり始めた時はこの状態になっている可能性が高いため、
すぐにでもデータのバックアップを行うことをお薦めします。

普段と違う異音が、ハードディスクドライブのあたりから鳴り始めた時は、特にご注意ください。

HDD Regeneratorでハードディスクの故障を修理する方法については、こちらのページにて。

ヘッド断続接触型の損傷とは?

そして「ヘッド断続接触型」の場合は、HDDの加熱(負荷・ヒート)により起こりやすく、
ヘッド部分が磁性面に接触したり離れたりを繰り返す状態を指します。
多くの場合、HDDが急に完全に読み込みが利かなくなるわけではないので
パソコンの稼動時に変な音が鳴り始めたらすぐにデータのバックアップを行われることをお薦めします。

そして、その後でパソコンやRAID、NASの破損しているハードディスクを新品に交換します。

これらの問題は、RAIDを導入してデータを多重化して予備を取っておくことでも、ある程度データの損失を回避できます。

データ復旧センターでファイルを取り出ししてもらう

お使いのHDDでヘッドクラッシュが発生した場合は、購入メーカーのサポートやセンターや
パソコン修理業者にお問い合わせをして修理をしてもらうこともできるのですが、HDDを交換する作業で
行われるため、これだけでは通常、内部データの回収までは出来ないことになります。

バックアップの前に読み込みが不可能になってしまった場合、クラッシュ(物理障害)によって
故障したHDD内ファイルを自力で修復するのは専門業者でもない限りはほぼ不可能なため
専門事業のデータ復旧サービスセンターにてデータを復元してもらうのが唯一の方法となります。

ハードディスクの復旧は、物理障害に対応されたデータ復旧サービスで請け負ってもらえます。