CFカードを間違って初期化した時にデータ復元をするには?

デジタルカメラで撮影した写真画像ファイルの記録による保存などで普段お使いの
CFカード』(CompactFlash・コンパクトフラッシュメモリーカード)を、
データの読み込みや移し変えのためパソコンのカードリーダー、
またはデジタルカメラ本体の機能などで読み込んだ時にファイルが認識されず、

『初期化しますか?』または『フォーマットしますか?』というメッセージのバルーンが表示されて、
勢いで誤ってコンパクトフラッシュメモリーカードの記憶領域全体を初期化してしまい、
コンパクトフラッシュメモリーカードの内部データを全部消去してしまった場合は
どうすればjpgの写真画像といった拡張子の復元ができる?という疑問について。

CFメモリーカード

CF CARD内のデータ復旧

パソコンへのアクセスが拒否されて内部データがバックアップできない時は、デバイスマネージャーの
画面で接続機器の項目に『!・?・×』マークが付いていないかどうかをまず確認してみてください。

たとえば、Windowsパソコンの[マイ コンピューター](エクスプローラー)にある
リムーバブルディスクのアイコンが表示されていない場合は
CFのUSBポートへの接続ミスか一時的な読み込みエラーが起きている可能性があります。

もう一度コードやカードリーダーのアダプターを差し直してみたり、
別のパソコンにコンパクトフラッシュを接続してみるなど試してみてください。

[初期化]のメッセージが表示された場合は、保存した画像ファイルの読み取り装置の接続不良や、
または衝撃などによるCF内部の故障、カードリーダーの破損の可能性も考えられます。





もし急に「フォーマットしますか?」といったバルーンの文字が急に表示されて誤って
勢いで初期化をしてしまったら、それ以上そのCFカードへの書き込みは行わないようにします。

個人でファイルの修復作業を行われてみる場合には、「ファイナルデータ」などの
市販の『データ復元ソフト』を購入して、PCにインストール・セットアップします。

USBカードリーダー/ライターを通してパソコンに接続します。

そしてプログラムの案内に従ってCFにあったファイルの復元作業を行われてみてください。

(※アプリケーションのインストール先は必ずCFドライブ以外の場所で行ってください。)

ソフトウェアの機能の中では、簡易スキャンよりも完全なフルスキャンの方が
より復旧率が高く、時間はかかるのですが、修復できるデータが多くて役立ちます。

しかし、一般個人で復旧プログラムを使う場合は必ずしも全ての消えたデータがスキャンできて
修復できるわけではないので、注意してください。

より正確かつ安全にコンパクトフラッシュのデータの復元をしたい場合には
専門業者のデータ復旧サービスに依頼をされてみる事をおすすめします。



『「初期化・フォーマット後」のカテゴリーの前後のページ』

«

»