Windowsの「バックアップと復元センター」の機能とは?

パソコンで頻繁に起こりうるデータ損失トラブル対策のため、
マイクロソフト社の「Windows Vista」(ウィンドウズビスタ)のオペレーティングシステムでは
最新のセキュリティ対策のヘルプ機能:【バックアップと復元センター】が搭載されています。

予備データの作成と復活

このツールでは特定のファイルをバックアップしたり、自動的に保存する事ができます。

まずはスタートメニュー⇒コントロールパネルより、バックアップと復元センターを開きます。

『ファイルのバックアップ、コンピュータのバックアップ、ファイルの復元、コンピュータの復元』の
項目で、コピーまたは復活させるデータの範囲を指定して、実行します。




シャドウコピーの機能

『ファイルのバックアップ』では、種類の選択や自動保存のタイミング時間などの
詳細設定を行うこともできます。

また、Windows Vistaの上位エディションでは「シャドウコピー」という
データのバックアップ機能が標準で搭載されています。

これらの機能を用いて、保存していた画像やテキストといった通常の個人用ファイルを、
バックアップしていた分からある程度まで、復旧させることができます。

ですが、設定の前にすでに失ったファイルや外付け媒体のデータはこの機能では元に戻せません。

ゴミ箱やその他のフォルダーから削除してしまったり、外付けHDDやUSBメモリなどの
外部のリムーバブルディスクから間違えて消去したり初期化で消えたファイルを復旧させるには、
市販のデータ復元ソフトウェアをインストールしてスキャンを掛けて修復します。

または、もっとさらに確実な方法として、専門のデータ復旧サービスに注文して、
ファイルの救出が可能かどうかの診断を受けてみることをおすすめします。