ファイル復元ソフトウェアのファイナルデータとは?

ファイナルデータとは、AOSテクノロジーズ ソフトウェアサービスより販売されている業界でも最も有名な市販のデータ復旧ソフトウェアです。

ゴミ箱から誤って削除したデータやパーティションから認識できないデータ、フォーマット(初期化)して消去したファイル、WindowsやOutlookメール、サンダーバードなど、ほとんどの論理障害からの復元に対応できる非常に優れたソフトウェアです。

ファイナルデータの使用できる機器

FINAL DATAには下記のような種類の製品があります。

・ファイナルデータ 特別復元版 [ ダウンロード価格 ¥8715 ]
・ファイナルデータ 復元+Office修復 [ ダウンロード価格 ¥10500 ]
・ファイナルデータ 特別ネットワーク版[ ダウンロード価格 ¥15070 ]
・フォトリカバリー [ ダウンロード価格 ¥5790 ]

主に一般で使われるファイナルデータ特別復元版はダウンロード特別価格で8715円と、大変お買い得な価格となっています。

主な対応のデータ保存メディアは、ハードディスク、フロッピーディスク、MOディスク、Zip、PD、マイクロドライブ、コンパクトフラッシュ、スマートメディア、SDメモリーカード、メモリースティック、USBメモリ、xDピクチャーカード、CD-RAM、CD-RW±、DVD-RAM、DVD-RW、BD、など多くの製品があります。




事前にインストール無しでブート機能でもファイルを復元できるため、HDD内フォルダの上書きが必要ありません。

またWindowsが起動できない状態でもCDブート版からの復元が可能です。

ファイルを復旧できる領域

有料のデータ復元ソフトは、やはり検索機能の性能が高く、オプションのツールも豊富で、アドバイスの機能なども充実しています。

長く使いこんだハードディスクドライブは、一回辺りのドライブスキャンの検知で、おおよそ数十個かそれ以上の類似した名前のファイルが検出されて一覧に表示されることもよくありますので、スキャンの結果、検出できたファイルの一覧が拡張子ごとに分類されて表示されますので、必要なデータを探す際にも便利です。

注意点として、ウェブ上にありますホスティングサービスのファイルマネージャー(ホームページやブログのレンタルスペース)など、自身で管理しているパソコン以外の外部スペースにあったデータをファイナルデータで復元することは基本的にできません。

また、ソフトウェアのためパソコンが起動しない、ハードディスク・ハードウェアが完全に認識できないといった故障や物理障害には対応できません。

NASやレコーダーに使われているハードディスクなど、ウィンドウズに対応されていないファイルシステムがフォーマットされている機器も読み込みができません。

そのため保存機器の損傷の際には、専門事業のデータ復旧サービス店へのご依頼による復旧の注文の方をお薦めします。