市販データレスキューソフトウェアの試用体験版とは?

市販で全国のパソコンショップや電気店に販売されている[データ復元ソフトウェア]は、
ファイル復旧機能の性能が大変良い分、最初はお値段も1万円単位と、そこそこかかります。

ファイルが開かない時は?

数千円から数万円を出して購入しても、もしすでに対象のPCのハードディスクやRAID、USBメモリ、
SDカードなどの記憶メディアにすでに新し拡張子を上書きしていたり、何度かフォーマットを掛けて
初期化した、という具合に症状によってはデータ復旧の作業時に、何らかの検出ミスが発生したりと
今後の使用は別としましても、その時だけはお金を損してしまうという事もあるかもしれません。

後々別のトラブルで役立つこともあるかもしれませんが、出来る限り余分な出費と手間は
省きたいものですよね。

そんな時にこそ「試用体験版のデーターレスキューソフトウェア」を入手して、
事前に動作をチェックすることもできます。




お試し版ディスクの入手方法

お試しのためのデータレスキューソフト:試供版は主に
パソコンショップのカウンター前でCDディスクが配布されています。

また、インターネットで開発元のオフィシャルサイトやオンラインサービスで
レスキュー用アプリケーションをダウンロードしてパソコンにセットアップする事も可能です。

[一例]:AOSテクノロジーズの『FINAIDATA(ファイナルデータ)、
アイギーク社の「データレスキュー」、
株式会社ジャングルの「完全データ復元PRO」など。

HDDなどの装置のレスキューを実際に行う機能は基本的にはどの復元ソフトウェアも
お試し体験版から後で製品版への購入をしてライセンスコードを入力して
ユーザー登録を行う事で使えるようになります。

ですが、体験版は事前になくなったデーターが検出できるかどうか確認するのに役立ちます。

製品版のドライブスキャン機能でもデータの完全復旧までは対応されていない場合もあるのですが、
症状によってその体験版で復旧できるかどうかを確認する事ができるものが多いので、
これにより便利に活用して購入することができます。

体験版でスキャンを掛けても必要な対象のファイルが検出できなかった時は、
プロのデータ復旧サービス業者の方に問い合わせて診てもらうことをおすすめします。



『「ソフトウェアでの復元」のカテゴリーの前後のページ』

«

»