ICレコーダーから削除したファイルを復旧するには?

ICレコーダー(digital voice recorder)に保存されていたMP3の音楽ファイルなどの
データを誤って機器の操作中に、またはパソコンにUSB接続をしている時に
削除してしまったため、消えた拡張子を後から復元することはできる?という疑問について。

ICレコーダーからデータを誤って消去したら?

まず、ICレコーダー自体にはデータの復元機能は基本的に備わっていません。

またWindowsパソコンからエクスプローラーの画面などで削除した場合は、
ゴミ箱フォルダーにも移動されず、そのまま消去されてしまいます。

ファイル履歴といったデータのバックアップ機能でも、パソコンの外部のリムーバブルディスクや
同期接続したコンピューターのデータの保存は対象外であるため、ご注意ください。

Macパソコンでデータを削除した際にリカバリーするには?

macOSやMac OS Xのパソコンの場合は外付けのデータ記憶装置の中から削除したデータも
一度ゴミ箱に移行します。

Macパソコン上でUSB接続をしてFinderなどで読み込みしているうちに、
パソコン上から削除した、という場合には、ゴミ箱を開いてICレコーダーによっては、フォルダーに
もう一度、間違えて削除したファイルを移し直すことで復元できる可能性もあります。

あるいは、ICレコーダーで使用しているSDメモリーカードの方に保存されているデータを、
USBカードリーダー/ライターで接続して開いていた時にMacパソコンの機能から
データを削除した、という場合は、対象のSDメモリーカードのファイルもゴミ箱に移行します。

またはTime Machine(タイムマシン)など、外付け記憶装置のデータも記憶される仕組みの
バックアップ機能を設定されていれば、そちらを使ってリカバリーをされてみてください。

しかし多くの場合、ゴミ箱やバックアップ機能で元に戻せないことが多いため、その際には、
まだICレコーダーの内蔵メモリーに残留しているデータの痕跡から復元する方法が使われます。




データ復元ソフトでファイルの検出をするには?

こちらの一例では、株式会社ジャングルより販売されていますデータ復元ソフト
「完全データ復元PRO」をWindowsパソコンで使用した場合の手順について解説いたします。

※ICレコーダーが検出できないソフトもありますので、事前に試用の体験版ツールなどでご確認ください。

まず、ICレコーダーをパソコンにUSBで接続します。

またはSDメモリーカードを、カードリーダーに差し込みして、USB接続をします。

「完全データ復元PRO」を、スタートまたはデスクトップ画面から開きます。

「次へ」→「メモリー機器」→「次へ」と進みます。

ICレコーダーのボリューム名を選択して「次へ」と進み「ゴミ箱から削除した場合」または
「フォーマットした場合」を選んで「次へ」→「次へ」と進むと、データのスキャンが開始されます。

音楽ファイルなどを保存して復旧するには?

ドライブスキャンが完了したら、「mp3」などのフォルダー名を開いて、その中のファイルを選択します。

「保存」ボタンを押して、外付けHDDやDドライブなどのフォルダーに保存します。

最後にそのファイルを開いて、正常に音楽が鳴るなど機能すれば、ICレコーダーに
移し替えて、データ復元は完了です。 (著作権などには注意してください。)

データ復旧サービスの事業で修復してもらう

ですが、拡張子が破損した状態で修復されたり、ファイルの検出ができない場合もあります。

より確実には、プロのデータ復旧サービスに問い合わせて、ICレコーダーを提出して
見てもらい、ファイルを取り出しして修復してもらわれることをおすすめします。

デジタル製品でしたら、通常パソコンなどで読み込みが可能な、
ほぼどのデータ保存媒体でも、ファイルの復旧の依頼が請け負われています。