iMacのディスプレイ画面の故障でデータが開けない時に修復するには?

AppleのiMac(アイ・マック)のパソコンに、本体と一体で搭載された液晶ディスプレイの画面で、
デスクトップやソフトウェアのウィンドウが正常に映らなくなって、データが閲覧できない場合に、
モニターの表示の状態をチェックして修復をする方法には、どのようなものがある?という疑問について。

主なディスプレイの画面のトラブルの例

・iMacのモニターが正常な時より、乱雑な状態で画像が映し出されている。

・液晶ディスプレイの画面に、何本かの縦線が出て軽く故障してしまっている。

・映像にドット抜けの不具合(Malfunction)が出始めた。

・パソコンのスクリーンの表面に、目立つひっかき傷をつけてしまった。

・画面に何も映らなくなって反応しないため、ストレージのデータが開けない状態になった。




iMacのパソコンで液晶ディスプレイが映らない時は?

まず、iMac(アイマック)の液晶ディスプレイは、ほかのデスクトップPCと違い、
ノートパソコンやスマートフォン、タブレット端末と同じく、
モニターがコンピューターの本体と一体化しています。

そのため、モニターの画面だけが壊れてデータが映らずに開けない場合、
取り外しや交換がすぐに利かない、という短所もあります。

パソコン上での操作で、最初にiMacのディスプレイの画面がちゃんと映らなくなってきた時は、
一度macOSを再起動してみると、自動的に問題が修復されることもあります。

コンピューターのOS上の不具合を修復するには?

次に、再起動をした後も同じくモニターの不具合が続く場合について。

まずは、ディスプレイの設定を確認して、どこか間違えて映り方を変更していないか、チェックをしてください。

しかし、画面がまったく映らないようなひどい障害が出ていると、
コンピューターの故障の状態と原因を確認しようにも、モニターが映らないので、
iMacのパソコンのどこのパーツに問題があるか見つけにくい、というケースも少なくありません。

(普通のデスクトップパソコンで使っている、モニターや液晶ペンタブレットなどをお持ちなら、
 臨時にそちらを接続して画面を開いて、操作をし直してる方法もあります。)

ひっかき傷や縦線、ドット抜け、乱雑な映りなどの軽い問題なら、
まだ液晶モニターの画面が故障している、とわかりやすく判断できます。

また、Macのパソコンの壊れたパーツを交換して修理するには?については、こちらのページにて。

なおiMacはApple Inc.より発売されている、ディスプレイ一体型のMacintoshのデスクトップパソコンで、
近年では新型の発売に伴って、iMacのマシンもモニターの画面の拡大化や薄型化がどんどん進んでいます。

しかし、古いiMacであるほどたまに、老朽化や傷などの影響で、このディスプレイの映像が、
乱れる不具合が発生してしまうといった、モニターの故障のトラブルも出てきます。

その際には、プロのデータリカバリーサービスの方で、
画面が開けなくなったパソコンの内部のファイルを、復旧してもらうことができます。




故障したアイマックの本体を修理サポートで直してもらう

しかし、自分で液晶パネルなどを交換するのは一般的ではないため、
普通のユーザーは基本的に、サポートの修理サービスにiMac本体を出して、直してもらうことを推奨します。

(自身で無理に分解をしても代わりのパーツがなかったり、ごみや埃の異物が入って、
 かえって別の故障を誘発してしまうおそれもあるので、PCに詳しくない方にはおすすめできません。)

その際、画面の不具合に何か思い当たる原因があって、不具合の状態も正確に把握できる際は、
できるだけ詳しく、モニターの破損の状況をサポートに伝えてください。

もし個人でパーツの交換をされてみる場合は、ジャンクションプで同じ部品があるかを尋ねてみる方法もあります。

(電源ユニットの基板にうっかり触れてしまうと危険と言われているので、くれぐれもご注意ください。)

またモニターが故障した時は、Apple製ディスプレイの修理サービスに出して、直してもらうことができます。

一度は修理に出して直った直後、に再び縦線や乱雑な粗が映るようになった、
といったトラブルの再発が起こらないように、周囲の環境や使い方にも問題がないかどうか、見直してみてください。

ハードディスクやSSDを取り出してデータを復旧するには?

次に、故障したiMacの修理には、お預かり期間がある程度かかってしまい、
その間、別の予備のPC本体がなければ長期間、パソコンが使えなくなってしまうこともあります。

そのため、出来るだけすぐにiMacの画面か内部のパーツを直してもらいたい、という場合でしたら、
Macの製品に対応されたパソコンサポート店で、iMacの画面のパーツの在庫がある事業所の方に、
即日診断の修理のサービスを注文されてみる、という方法もおすすめします。

また、iMacの内部のハードディスクやSSDに残っている、バックアップをしていなかったファイルを、
先に取り出ししたい、という際には、専門事業のデータ復旧サービスに問い合わせて、
検査をしてもらわれることをおすすめします。