Macのパソコンの壊れたパーツを交換して修理するには?

AppleのmasOSといったオペレーティングシステムのパソコンが故障してしまい、正常に動かない場合に、
壊れているパーツを新品に交換をして修理をする方法や、マックのPCで使う周辺機器が破損した際に、
別の買い替えた製品に付け替えて解決をする時の作業や手続きは、どのように実行すればいい?という疑問について。

Macパソコンで部品が故障してしまった時は?

まず、Macintosh(マッキントッシュ)のパソコンは、
Apple社により開発・販売されているパーソナルコンピューターのPCブランドです。

ですが、Macパソコン系のハードウェアは、Apple Inc.でのみ開発されています。

そのためWindowsのパソコンよりも、トラブルが起きた時のための、
修理のサポートやデータ復旧に対応されているサービスが少ないという点もあります。

ですが、最近ではMacの製品の幅広い普及もあり、トラブルへの対応に関する需要と供給も高まっています。

また、筐体に内蔵されたパーツの一部は市販の製品にもありますので、故障してしまった時には、
私設のパソコン修理サービスにて交換をしてもらうこともできます。




Appleのハードウェアの製品の修理を申し込むには?

次に、MacパソコンをはじめとするAppleのハードウェアの製品は、Appleの修理窓口である、
Appleサポートのカスタマーサービスにて、修理や部品交換が受け付けられています。

またApp Storeの直営店や、Apple正規サービスプロバイダからも、
修理に関するお問い合わせをすることができます。

例として、Apple 修理サービスプログラムの解説も参考までに。

ですが、多くのケースでは修理・交換に ある程度のお預かりの期間がかかってしまうため、
正規とは別に、特急コースでの修理や出張修理のサービスを設けている会社もあります。

特に、メーカーの保証期間外で正規サービスでも有償になってしまう場合や、
中古で購入していたMacのパソコンの修理を申し込まれる際には、大変便利なサービスです。

また、Macパソコンのソフトウェアを初期設定に戻してエラーから修復するには?という疑問については、こちらのページにて。

macOSのプログラムが破損して動かなくなった時も、データのリカバリーの作業を、
専門のサービスで代行してもらうこともできます。




パーツが破損した時に新品への換装を行う時は?

次に、MacintoshのPC本体のパーツは、たとえばマックパラダイスといった、
ジャンクショップで販売されている場合もあります。

パソコン本体の蓋を開けて分解ができそうでしたら、これらの店舗から、
個別の部品を購入して、破損したパーツと交換をして修理する方法もあります。

その際に、自己でジャンクショップなどでの部品と特殊な工具の取り寄せによるマシンの修理や、
壊れたパーツの交換を行われる場合、後にMacのパソコンメーカーのサポートや購入をされた店舗での、
長期保証のサービスが効かなくなってしまう可能性が高いため、事前にご注意ください。

保証期間が過ぎたマシンが故障した時に、MacBookといったPCを取り扱われた私設のパソコン修理サービス店に出して、
スピード対応で直してもらう方法もあります。




小型・薄型のPC本体は分解してパーツを取り出しできる?

次に、masOS(Mac OS X)がインストールされている、MacBook Airなどのノートパソコンは、
蓋やパーツが星形の螺子で固定されています。

そのため、特殊な形状のペンタローブドライバーやトルクスドライバーといった、
先の細く精密的な造りの工具の購入による、パーツの交換や修理の準備が必要になることもあります。

また、壊れたMacパソコンなどを取り扱った「ジャンクショップ」でしか、
マシンに合っている代わりのパーツがほとんど入手できない可能性もあります。

ハードディスクが故障していた時のデータの復旧

一方で、Macのパソコンに搭載されたハードディスクの回路が故障してしまうと、
パーツ自体を修理することはほぼ不可能になります。

そのため、壊れたHDDを新品に換装することで、修理をする必要が出てきます。

ですが、macOSのオペレーティングシステムの操作で、それまでに保存していたデータは、
バックアップをされていたファイルの分がなかった場合には、そのままでは開けなくなります。

その際には、Macパソコンに対応された専門事業のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
ハードウェアに残っている、壊れたハードディスクからの取り出しをしてもらわれることをおすすめします。