データ復元ソフトがインストールできない時の対処方法は?

パソコンを操作中に誤ってゴミ箱などから必要なファイルを削除した時、データ復元ソフトウェアを
使用して、ドライブにスキャンを掛けて失った拡張子の痕跡を探して復旧を試みる方法があります。

しかし、購入したアプリケーションソフトをそのままお使いのパソコンにセットアップすると、
Cドライブに新しいデータがすぐに上書きされて、以前の消失したファイルの痕跡の部分も
セクタで上書きされてしまい、ドライブスキャン中に検出がその分できない、というおそれもあります。

そんな時のために、市販のユーティリティーによっては、製品のDVDディスクや、アプリケーションの
データをコピーしたUSBメモリでソフトウェアの画面が起動できる『ブート機能』という対処方法があります。

パソコンの内蔵/外付けDVDドライブ装置のトレイに、『ファイナルデータ』や『完全データ復元PRO』
などのデータ復元ソフトの製品のパッケージに同梱されています起動用DVDディスクを挿入します。

表示されたウィンドウの手順に従ってパソコンのCドライブにスキャンを掛けます。

アプリケーションの起動はDVDディスクの方を読み取って稼働していますので、
これでパソコンに先にインストールしなくても使用ができます。

そして、必要なファイルが検出されましたら、USBメモリや外付けHDDに保存して復元作業は完了です。





なお、増設したDドライブのハードディスクやリムーバブルディスクとしてUSBケーブルでつなげた
外付けハードディスクや、デジタルカメラやUSBカードリーダー・ライターで読み込んでいる
SDカードなどの、ローカルディスクローカルディスク(C:)以外の保存場所からファイルを失った場合は、

データ復元ソフトのインストール先はCドライブの方なので、
そのままパソコンにアプリケーションをインストールして使用しても大丈夫です。

また、もしパソコンをリカバリーして初期化したり、CドライブをPCケースから外してフォーマットを掛けた後に
もし必要なデータが一緒に消えてしまっていた事に気づいた、という場合には、そのハードディスクドライブ
(またはSSD)を別のパソコンに増設するかUSB接続をして、別のパソコンにデータ復元ソフトを
セットアップして、そちらで起動してドライブにスキャンを行われてみてください。

『ファイナルデータ』【FINAL DATA】など市販の製品はデバイスドライバ
Installをしなくても、DVDドライブにセットアップ用のディスクを挿入するだけで
そのままOSに組み込まずにリカバリープログラムを使う事ができます。

しかし、ハードディスクドライブやSSD、ないしBIOSやMBR、OSなどの
重要なPC装置やそのシステムがひどく物理障害、または論理障害で破損して、

どうしてもパソコンや記憶装置が直らず、データが回収もできない場合は、
プロのデータ復旧センターに注文をして、復元の作業を行ってもらわれることをおすすめします。



『「ソフトウェアでの復元」のカテゴリーの前後のページ』

«

»