メモリの容量不足のエラーを解消するには?

メモリ【memory】は直訳すると「記憶」の意味を指し、パソコン用語としては主に、
マザーボードに1枚~2枚取り付ける一時的なデータ保存装置の「メイン・メモリ」を指します。
コンピューターで処理したデーターを拡張子ファイルとしてハードディスクドライブやSSD、
USBメモリなどに名前を付けて保存する前に、一時的に記録して保持しておく機能を担っています。
メモリで記憶されているデーターはアプリケーションのウィンドウやPCの電源を閉じると
自動的に初期化されて消えてしまうため、その前にプログラムファイルにして保存する必要があります。
しかし、たまに容量の大きなファイルやシステムを動かす時、「メモリ不足のエラー」で
プログラムがそれ以上働かなくなって止まってしまうトラブルが起こる場合があります。
この原因は主に、メモリの容量不足のためか、使用しているアプリケーションで消費する
データーが大きすぎるためです。
このようなメモリの容量不足のエラーを解消するにはどうすればいい?という疑問について。
現在のパソコンのメモリはネットブックのようにスペックの低いものでも1GB(ギガバイト)、
高性能なものでしたら4GB以上のメモリが標準で搭載されています。
しかし数年前くらいか、それ以前に発売されたパソコンは256MBや512MBと現在の
アプリケーションのスペックを支えるには不足しがちでメモリのエラーがよく出てしまう場合もあります。




容量不足の解決法

一番良い解決法は、やはり4GBかそれ以上の、性能の高いメモリに
交換したり、2枚に増設することですね。
メモリの交換はPCケースを開けて、古い基盤をマザーボードから取り外して
付け替えれば良いだけなので、PCパーツ交換作業の中では最も簡単に行えます。
また、常駐の稼動ソフトウェアの中で重いアプリケーションがあったり、常に複数のソフト画面を
同時に展開しているとエラーが発生する確率も高くなりますので、
多少、PCに負担を掛けない容量の節約した使い方を心がけることも解決策の一つです。
メモリを換えたり増設してもパソコンの調子が悪い時は、
一度専門のPCトラブルサポート店で見てもらわれることをお薦めします。