Windowsインストーラーが破損した時に修復するには?

マイクロソフトのウィンドウズのオペレーティングシステムのパソコンにある、
「Windowsインストーラー」が、何らかのシステム障害で破損してしまうと、
新しいアプリケーションソフトのインストールができなくなってしまいます。

そんな時には、どのような問題からの修復の方法がある?という疑問について。

Windowsのインストーラーが破損した際に直すには?

まず、近年のWindowsのバージョンでしたら、壊れたファイルの部分を、
レジストリに再登録をするリスクもなく、多くの場合で自動修復を行うことができます。

ソフトウェア上でのインストールパッケージが正常に導入できない場合には、
まずはWindowsインストーラーの「修復オプション」を使用して、
OSのプログラム上のエラーや破損を直してみましょう。

スタートメニューから『コマンドプロンプト』を開いて、
パラメーターに状態ごとの専用のテキスト文字を入力して、回復を試みてください。

また、コンピューター関連の修理サービスで、復旧の代行作業をしてもらうこともできます。




ウィンドウズのアプリケーションソフトのフォルダーを削除

次に、新しいプログラムツールをインストールする実行の途中で、
動作が停止してしまった時に、問題からの修復をする方法について。

まず、一旦、コントロールパネルの【プログラムと機能】(プログラムの追加と削除)で
新しくソフトウェアの項目が出ている場合は、これをアンインストールします。

それでもエラーによって、そのアプリケーションソフトが表示されていない場合は、
新規に作成されたフォルダーを、「PC」(マイコンピューター)のProgram Filesを確認して、
新しいフォルダーが作られていた場合は、これを丸ごと削除してください。

イベントビューアでインストールログファイルを見直す

次に、スタート→設定(コントロールパネル)→管理ツール→イベントビューアを開いて、
インストールログファイルを見直してみましょう。

しかし、DVDディスクや保存したファイルの方に問題が出ている場合もあります。

うまく立ち上がらなかったり、どうしてもインストールできない場合は、
別のパソコン本体で一度、修復の手順を一通り試されてみてください。

また、パソコンのHDDやSSDに残っているファイルを先に取り出ししたい、という際には、
データリカバリーのサポートを実施されたサービスで、復元の措置を行ってもらうことができます。




起動ディスクでオペレーティングシステムを修復する

次に、ウィンドウズのオペレーティングシステム自体に異常が出ていると思われる場合に、
コンピューターのOS上のアクシデントからの復旧をする方法について。

まず、Windowsの起動ディスクか、事前に作成したシステム修復のディスクを、
CD/DVDドライブのトレーに挿入して読み込みます。

そして、『スタートアップ修復』や『システムの復元』の回復プログラムを用いて、
問題を解消する作業を行ってみてください。

また、Windows Vistaのシステム回復ウィザードとは?という疑問については、こちらのページにて。

あるいは、ウィンドウズのOSが正常な時にフルバックアップで作成した、
イメージディスクなどがありましたら、そちらを使用されてみてください。

パソコンをリカバリーしてソフトウェアを入れ直す

次に、起動ディスクなどでの修復用のプログラムを使っても直らない、
もしくは正常に使用ができない、という場合には、
OSの再インストール(リカバリー)による、初期化をして直す方法もあります。

基本的にほぼすべてのプログラム上のエラーや破損は、再セットアップによって元に戻ります。

そして、アプリケーションソフトウェアをインストールして入れ直してみてください。

また例として、Windows インストーラのファイルが欠落または破損 の解説も参考までに。

ですが、個人用のファイルの方が消えてしまったり破損している時は、
OSのリカバリーでは元に戻らないため、その際にはプロのデータ復元サービスにて、
拡張子の修復の作業をしてもらわれることもおすすめします。

問題のありそうなソフトウェアをアンインストールする

次に、MicrosoftのWindowsのOSシリーズのパソコンは、店舗で購入して、
基本的なセットアップ設定をしてから先は、様々なアプリケーションソフトウェアを、
DVDディスクやインターネットからインストール(プログラムに導入)して、便利機能を拡張します。

もちろん、メモ帳やペイント、Microsoft Edgeなど、最初から付いているアクセサリツールも、
大変役立つのですが、やはり新しいソフトウェアもセットアップしていった方が、
パソコンを楽しく便利に使っていくことができます。

これらのインストールを行うプログラムを、Windows インストーラ(installer)と呼びます。

また、Windows Vistaのシステム回復ウィザードとは?という疑問については、こちらのページにて。

ですが、たまに問題のあるユーティリティをセットアップすると、
コンピューターの動作に異常が出てしまうこともあります。

その際にも、コントロールパネルの「プログラムと機能」などの項目から、
不具合の原因と見られるソフトウェアのアンインストール(削除)を実行することができます。

パソコン修理のサービスで直してもらう

しかし、それでも修復が上手く行かず、自力で直すのが難しいようでしたら、
メーカーのカスタマーサポートのセンターに修理の依頼を行うか、
私設の専門のパソコン修理サービス店に出して、回復をしてもらわれることも推奨します。

また、ハードディスクやSSD自体にアクセスエラーなどの読み込みの不具合が出ている時は、
専門業者のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
ストレージの内部に残った、重要なファイルを救出してもらわれることもおすすめします。