Windowsインストーラーの破損を修復するには?

MicrosoftのWindows OSシリーズのパソコンは、店舗で購入して基本的なセットアップ設定を
してから先は、様々なアプリケーションソフトウェアをCDディスクやインターネットから
インストール(プログラムに導入)してどんどん便利機能を拡張します。

もちろんメモ帳やペイント、IEなど最初から付いているアクセサリツールも役立つのですが、
やはり新しいシフトをセットアップしていった方が
パソコンを楽しく便利に使っていくことが出来るでしょう。

これらインストールを行うプログラムを『Windows インストーラ』(installer)と呼びます。

このシステムによって、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」等から
いつでもユーティリティーの追加や変更、削除を実行できます。

ウィンドウズでのアプリケーション起動に失敗

しかし逆にWindowsインストーラーが何らかのシステム障害で破損してしまうと
新しいソフトのインストールが出来なくなってしまいます。

近年のWindowsのバージョンでしたら、壊れたファイル部分をレジストリに
再登録をするリスクもなく、自動修復を行うことができます。

ソフトウェア上でのインストールパッケージが正常に導入できない場合、

まずはWindowsインストーラの修復オプションを使用して直してみましょう。

スタートメニュー→すべてのプログラム→アクセサリの項目の『コマンドプロンプト』を開き、
パラメーターに専用のテキスト文字を入力します。(より詳しくはWindowsのマニュアル参照)




フォルダの削除

新しいプログラムツールをインストールする実行途中で停止してしまった時は
一旦、コントロールパネルの【プログラムの追加と削除】で
新しくソフトの項目が出ている場合はこれをアンインストールします。

エラーによってそのアプリケーションが表示されていない場合は、
新規に作成されたフォルダをマイコンピュータのProgram Filesを
確認して、新しいフォルダが作られていた場合はこれを丸ごと削除します。

次にスタート→設定(コントロールパネル)→管理ツール→イベントビューアを開き、
インストールログファイルを見直してみましょう。

また、CDディスクや保存したファイルの方に問題が出ている場合もありますので、
うまく立ち上がらなかったり、どうしてもインストールできない場合は
別のパソコン本体で一度、修復の手順を一通り試されてみてください。

OS自体に異常が出ていると思われる場合は、Windowsの起動ディスクをCD/DVDドライブのトレーに挿入して、
スタートアップ修復』や『システムの復元
の回復プログラムを用いて、問題を解消する作業を行ってみてください。

それでも上手く行かずに自力で修復を行うのが難しいようでしたら、メーカーカスタマーセンターに
修理の依頼を行うか、私設の専門のパソコンサポート店に見てもらわれることを推奨します。