LANポートが反応せずインターネットが繋がらない時に直すには?

しばらく使っていないパソコンを数週間~数ヶ月ぶりに起動させて見た時や
マザーボードを交換した直後などの時に、たまにLANポートにLANケーブルを
接続したら、普段のようにインターネットが繋がらない、という場合があります。

別のノートパソコンだったらネットが繋がるしプロバイダーサービスで
契約している接続可能なPC本体の台数も間に合っているのに何故?という疑問について。

接続の状態の再確認

まず、画面右下のタスクにあるエクスプローラのアイコンに×マークが
付いていてたり、ネット未接続の警告メッセージが表示された時には、

スタート⇒コントロールパネル⇒ネットワークとインターネット接続⇒
ネットワーク接続 で「ローカルエリア接続2」のアイコンに「接続」と書かれず
赤い×マークが付いていないか、再確認してみてください。

一回繋がらないだけなら、たまたま一時的に接続エラーが起きていて、しばらく時間が経つか、
再起動するか、モデルのスイッチを入れ直すなどしたら接続可能になることもあります。




ネットワークアダプタの項目の削除

しかしいつまで経ってもネットが繋がらなくなったら、次は
スタート⇒マイコンピュータのアイコンで右クリック⇒プロパティの画面の
ハードウェアのタブ⇒デバイスマネージャーのボタンを押します。

そこで、ネットワークアダプタの項目を押して+の一覧を開き、アダプタの項目に
×マークなどの記号が付いていないか確かめて、もし表示に異常があったら、
右クリックを押して削除します。

そしてもう一度モデムなどの接続デバイスを繋げ直してみてください。

静電気の影響によるアクセスの障害

しかし何もおかしなアイコンが表示されず正常に出ている場合、今度はLANコネクタ
(ケーブルを差し込むLANポート)の付近で静電気が溜まっている可能性があります。

たとえば、有線で使っているデスクトップPCのみがネットに繋がらず、接続されたポートが光らず、
LANポートのLEDがつかなかったためLANケーブル、
ルーターの故障かと思い買い直してみても同じで、マザーボードの交換が必要か、
という際には、先にぜひこの方法を試されてみてください。

パーツ交換の後など、何かの拍子でパソコンに静電気が帯電して反応せず
つながらなくなる場合があり、コンセントを抜いて電源ボタンを押して、
溜まった静電気を抜くと、無事に回線がつながり復旧できる可能性があります。

LANコネクタと透明のLANケーブルの接続面で普段は光るはずのライトが光っていなかったら、
このアクシデントが出ている確率が高いです。

デスクトップパソコンのマザーボードを修理で新しく交換してもらい、
郵送で送り届けてもらった後などに稀に起こるトラブルです。

電源ボタンを数回ほど空押しして復旧する

これを解消するにはまずいったんパソコンをシャットダウンして閉じて、
次に、電源コードのコンセントも本体から抜きます。

次に電源の起動ボタンを5~6回、3~4秒くらいの間隔でカチ、カチ、と押し続けます。

この動作で内部の静電気が解消されて、次にPCを起動し直したら元に戻り、アクセスが復旧できる見込みが高いです。

静電気を解く動作を行って、無事にインターネットが接続できた後、次にパソコンを起動したら
また繋がらなくなった時はもう一度上記の作業を繰り返し行ってみてください。

2~3回行えばその後は静電気のトラブルも起こらなくなります。

パソコンの修理サポートセンターで見てもらう

しかしボタン数回押しの処置をしてもやはりそのパソコンでだけインターネットが繋がらない場合は
LANポートかマザーボード自体が破損していて機能しなくなっている可能性もあります。

どうしても接続できない時はもう一度、修理サポートセンターにお問い合わせをされてみてください。

先にハードディスクドライブに保存されているデータを取り出ししておきたい、という時には、
専門事業のデータ復旧サービスセンターに出して、見てもらわれることもおすすめします。