インターネット上のトラブルの問題解決をする方法とは?

現在、日本中・世界中でインターネットが普及して、仕事にも生活にも必要不可欠なものになりつつあります。

しかし一方では、ソフトウェア的、消費生活的なトラブルが日々、世界中で発生して、
その種類もウェブサイトや業種、コンピューターの使い方によって、無数のアクシデントの事例が存在します。

このようなネットワークでの問題を解決するには、どのような方法がある?という疑問について。

インターネット上で発生するトラブルとは?

まず、インターネットを使う上でのトラブルに対する問題解決の方法は、
それぞれの状況によってやはり最適な対処法が異なるため、
一概にこの手法が良い、とも言い切れない部分があるのが一つの点でもあります。

ですが、基本的なインターネットトラブルの防止の手段と、問題解決に向けて知っておくべき知識や、
心構えを覚えておかれると、いざという時にも迅速に対処できるようになります。

また、市販のセキュリティソフトを使用して未然にトラブルを防いだり、
専門のサポートの企業にて、防止対策の向上や問題の解消をしてもらうこともできます。




作成したデータを定期的にバックアップする

次に、インターネット上で作成した文章や編集画像、プレゼンテーションなどのデータは、
もし後日に誤った操作でページごと削除してしまったり、サービスが終了すると、
多くの場合でそのままデータベースから消えて、元に戻せなくなります。

なので、定期的に必要な分のデータを、パソコンや外付けHDDにバックアップして、
いつでも引き出しができるようにしておかれると安全です。

また、一日ごとにウェブサイトのバックアップの分を自動で作成してもらえる、
便利な機能が用意されているレンタルサーバもあります。

また、間違えてWEBサービスのアカウントを削除してしまいログインできなくなった時は、
サポート次第で、一か月以内くらいであれば再度のサインインができる場合もあります。

ほか、インターネットの閲覧中のフリーズから修復する方法については、こちらのページにて。

またご自身・自社内で運営されているホームページやブログには、
「免責事項」や「プライバシーポリシー」、「著作権の表示」といった、
ウェブ上のルールの項目が書かれたページを設置されることをお薦めします。

有害なメールが受信箱に入っている場合もある?

次に、インターネット上では有害なプログラムのファイルないしテキストが添付された、
スパムメールが受信されることもあります。

まず、コンピューターウイルスなどの有害なファームウェアが含まれたメールといった、
危険なものが存在する、という事実を知っておくことが、
ご自分やご家族の身の安全を守る上での、基本的な最大の必須事項です。

その多くは、迷惑メールボックスに振り分けられるのですが、
普通のメールに似せた一部などは、通常の受信トレイに入ってくる場合があります。

そのため、紛らわしいタイトルやメールアドレスなどにもご注意ください。

ほか、ネットワークトラブルの被害を予防する対策手段について詳しくは、こちらのページにて。

もし、コンピューターウイルスの感染などでパソコンが動かなくなり、
修理に出したり再インストールをする前に、先に必要なファイルを取り出したい、という際には、
デジタルデータリカバリー様といった、プロのデータ復元のサービスセンターにて、
ハードディスクやSSDに残っている拡張子を引き出してもらうことができます。



デジタルデータリカバリー

コンピューターウイルスによるファイルの破損を防ぐには?

次にコンピューターの世界では、インターネットが原因でパソコンが壊れる、
というトラブル被害に合う可能性も決して低くはありません。

その代表が、いわゆるコンピューターウイルス、スパイウェア、トロイの木馬、
と呼ばれる有害な外部侵入プログラムで、主にメールやウェブサイトから、
OSのプログラムに勝手に入ってきてシステムやファイルを破損させる、危険なファームウェアです。

システムを直接破壊するウイルスプログラムから、
間接的にアプリケーションソフトウェアの不具合を引き起こすものまで、様々な種類があります。

基本的には、ノートンのアンチウイルスソフトといった優秀なセキュリティソフトウェアを導入して、ほとんどを防止できます。

ほか例として、ネットセキュリティ株式会社 様での、インターネットトラブル対処法 の解説も参考までに。

また、もしコンピューターウイルスが侵入しても、アンチウイルスソフトの警告に沿って、
すぐに隔離・駆除を行えば、ほぼ被害はなく解決ができます。

身に覚えがない通知が来たの時の対処方法は?

次に、例えば突然、身に覚えのない多額の請求のメールなどの通知が来た場合での対処について。

まず、どれだけ詳しく真実味がありそうな内容が書かれていても、内容を鵜呑みにはせず、
相手側には連絡をせずに、最寄りの消費生活センターなどでご相談をされてみてください。

明らかにスパムだとわかる時は、そのまま放っておいても問題ないでしょう。

通販で買った商品がいい加減なものだったり、いつまで待っても発送されてこない場合、
また悪質な商法に引っかかってしまった時も、消費生活センターでの相談が頼りになります。

今はあまりないのですが、もしも架空請求のようなハガキがポストに入っていた場合は、
すぐに自宅近くの交番などに届けることが一番です。

オペレーティングシステムやデータが損壊した時に問題を解決するには?

また、最近のパソコンのオペレーティングシステムには、
ファイアウォールの防壁機能も付いていますので、
外部からのコンピューターへの不正なアクセスも、ある程度遮断できます。

一方で、OSやセキュリティソフトのアップデートは、インターネットの使用に、
絶対に必要不可欠と言えますので、自動更新の設定をオンにすることを推奨します。

またスマートフォン、タブレット端末では、iPhoneやiPadはセキュリティがほぼ完備しています。

Androidは、市販のモバイル用のセキュリティソフトをインストールした方が無難です。

しかし、もしもマシンがかなりの数のコンピューターウイルスに感染してしまったら、
すぐにネットワークの接続を遮断して、ウイルス駆除の処置による解決を行ってください。

しかし、もしオペレーティングシステムが損壊した時は、再インストールをするか、
パソコントラブルのサポートセンターによるシステム復旧の注文も、視野に入れてみてください。

インターネットのトラブルに遭われてしまった際、慌てすぎると正常な対処ができず、
逆に更にひどい問題に陥ってしまう危険があります。

そのため、時には決してご自身だけで無理に解決をされようとせず、困った時には、
誰か信頼の出来る人や施設に相談をされてみるのが、問題解決の上でとても重要な要素です。

またワームにより必要なファイルの拡張子が破損してしまった場合でも、状態次第で、
プロのデータ復元のサービスセンターで、修復ができる見込みがあります。