iPadの破損を修理するには?

日本や世界各国で発売されてしますタブレット型コンピューター『iPad』(アイパッド)は、
電子書籍を購読したり、カメラ機能での撮影、Wi-Fiの無線LAN機能によるインターネットの閲覧、
数多くのアプリケーションなど様々な機能が搭載された、最新のApple製の電子機器です。

液晶モニターの破損

たとえばiPad2は全機種のiPadと同じくiPhoneやiPod nanoなどに比べてサイズが大きく、
縦9.50インチ、横7.31インチ、高さ0.346インチの形状で、
持ち歩きの際にはノートパソコンやネットブックほどではないにしても
荷物としてのスペースがあり、やはりカバーや鞄に入れて保護した方が安全です。

持ち歩いている時にうっかり手を滑らせて硬い床に落としてしまったり、机の上に置いている時に
腕を当てて下に叩きつけてしまった場合、または外出中に満員電車などの場で鞄の上から
強い衝撃や圧迫を受けてしまうと、マルチタッチスクリーンの液晶画面やパネル、
フレームや角、ボタンなどが割れたりへこんで、破損してしまうおそれがあります。

そのため、モニターには市販の保護シートを貼って、少しでも頑丈にする措置を施されることを推奨します。

また、画面が割れただけでしたら、内部のシステム自体は無事であることも多いです。




タッチパネルの操作が効かない場合

機能的に問題が無ければ、多少ケースが欠けたりへこんでもたいした問題では無くそのまま使用を継続できます。

しかし、液晶画面が一部見えなくなったり、タッチパネルで操作できなくなったり、
ボタンを押しても反応しなくなってしまったら、
AppleサポートやAppleストア、または購入した電気店に出して、見てもらいましょう。

まだ何とか操作自体はできる場合には、「設定」からiOSのリセットによるリカバリーを行われてみてください。

またはパソコンに同期をして、iTunes(アイチューンズ)を開いて、システムの復元を実行されてみてください。

保証サポートの対象外の場合

iPadを購入した時に本体、付属品に1年間の標準保証サポートが付くので
購入した時の用紙、付属品などの物は全て捨てずに必ず取っておきましょう。

iPadの初期不良やOS上のシステム的なトラブルの場合はそのまま修理や交換をしてもらえます。

ですが、タブレット端末の本体を落としたり強打して自身の過失や管理の不注意で壊してしまった場合、
1年間の保証期間内でも1~2万円以上での有償修理新品交換になってしまうことが多いです。

初期不良が出た場合は、特別に破損したiPadを新品交換してもらえることもあります。

付属品の故障

iPadやiPhone、iPodの製品の箱に同梱されている電源コネクタやUSBケーブルが破損した場合は、
それ単体の故障でしたらモバイル・コンピューターの本体は使用できるのですが、
そのままでは充電がしづらくなったり、パソコンでUSB接続をしての同期ができなくなったりもします。

そのため、カスタマーサポートに問い合わせて、新品の付属品を取り寄せて、交換をする必要があります。

または、ジャンクショップや施設のパソコン修理店に、同じ付属品の在庫が置かれていることもあります。

修理サポートセンターで直してもらう

Appleのサポートのほかに、私設のコンピューター修理サービスで
即日、格安でアイパッドやアイフォン、アイポッドなどの破損やトラブルを
直してもらえる業者もありますので、その両方をチェックしてみるとお薦めです。

全く別の一台に交換してもらうので、それまで保存していたデータは、
移し変えが可能かどうかは破損の状態にもよるのですが、替えのない大事なファイルである場合は、
先に専門のデータ復旧サービスにて、修復をしてもらうこともおすすめします。