iPadやiPhoneでNot Enough Storageと出たら?

Appleから発売されているモバイル・コンピューターのiPad・iPhone・iPodで、
電源スイッチを押してから起動後に「Not Enough Storage」というメッセージが表示されて、

CloseとSettingsをタッチするように出て、その時にどちらをタッチしても動かず、
メインスイッチで長押しして強制終了しようとしても切れない場合はどう対処すればいい?というご質問について。

Not Enough Storageの問題とは?

まず、こちらの状態は、バックアップ用ストレージのiCloud(アイクラウド)を
使っていて、5GBの最大容量がいっぱいに埋まると、
「Not Enough Storage」のメッセージが表示される仕組みになります。




iCloud Driveのデータを整理

「ストレージの購入」でiCloud Drive(アイクラウド・ドライブ)の最大容量を増やすか、設定⇒「ストレージとバックアップ」
(もしくはパソコン)でiCloudの整理をしてみてください。

またiCloudの設定をオフにして解除すると「Not Enough Storage」の表示はなくなります。

iPadやiPhone、またはiPodの内蔵メモリーの容量の方も全部埋まっていたら、
いらないファイルを削除するか別の記録装置に移行して整理してください。




スマートフォンの機種変更

スマートフォンを電話会社で契約して使用していくと、
数年に一回くらいの割合で新しい機種に変更する機会もあります。

新しい機種を購入した後、それまでに使っていた古い本体の方は、新しい機種よりも性能が
低く機能が充実していなかったり、故障して使えない、といった理由で使わなくなることも多いです。

壊れたiPhoneを直してもらう際には、スピード診断のコースにて、
ある程度手早く、故障の修理をしてもらうことができる専門のサービスもあります。




モバイル端末のデータのバックアップ

しばらくは思い出や思い入れもあるので取っておく際、内部のデータをバックアップしておきたい、
という場合は、パソコンへのバックアップのほか、アイフォンのスマートフォンをお使いの際には、
Apple社のiCloudに登録してバックアップを送信して、機種変更した後の、
新しいiPhoneiPadにデータを一部保存して再度使う、といった使い方も良いでしょう。

(どちらにしても、それまでのデータのバックアップはしっかりと取っておくことが望ましいです。)

iPadやiPhone、iPodの修理

また、iPhoneのスマートフォンやiPadのタブレット端末、iPodのオーディオプレーヤーなど、
値段の高いモバイル機器の場合、あまり破損していたりひどい傷が付いていなければ、
中古の電気製品の取扱ショップに売却する、という方法もあります。

また壊れていたと思っても、まだ簡単な修理をすれば直ることもありますので、
できればもっと使いたかった、という場合には一度、
モバイル端末の修理サービスに出してリカバリーの措置をしてもらわれれることもおすすめします。