iPadがパソコンに認識しない時に読み込みを復旧するには?

Apple社から発売されています、タブレット・コンピューターの製品である
「iPad」(アイパッド)は、たとえば数万曲の音楽ファイルや数万枚の写真画像のデータを、
内蔵の小型ハードディスク(マイクロドライブ)、またはフラッシュメモリに保存できます。

しかしモバイル・コンピューターのiPadをパソコンに繋げようとしたら、なぜか開けず、
デバイスマネージャーにもポータブルデバイスとして認識されていない、
といった接続のトラブルが起きた時には、どうすれば読み込みを復旧することができる?という疑問について。

iPadをパソコンに接続するまでの手順を再確認

まず、スレートPCのるiPad(アイパッド)や、スマートフォンのiPhone(アイフォン)をはじめ、
Appleの製品には、詳しい内容の解説が書かれた取扱説明書が、購入した時に同梱されていない場合が多いです。

なので、Appleの機器の操作の手順を調べるためには、アイパッド本体のヘルプ機能を開いたり、
時には、市販のガイドブックを購入して読んで、読み込みの方法を調べていく必要があります。

接続の際に、パソコン本体だけでなくiPadの方にも電源が入っているかどうかをご確認ください。




アイパッドがUSBケーブルで接続できない時は?

次に、使用しているUSBコードはiPadを購入して、同梱されていた専用のUSBケーブルで、
正しい位置のコネクタの隙間に、埃などの異物が挟まっていない正常な状態で差し込まれていて、
本来、機器が認識できる状態であるかをどうかを確認してください。

また、Windowsのパソコンのエクスプローラー(マイコンピューター)を開いて、
iPadのマークのアイコンが「リムーバブルディスク」の項目に表示されていなかったら、
一度コントロールパネルから、デバイスマネージャーを開きます。

[ポータブルデバイス]の項目にある、iPadのフォルダーに「!や×、?」の黄色いマークが表示されていて、
正常に認識しない状態が表されていたら、マウス操作で一度、その項目をアンインストール(削除)します。

そして、一度iPadのUSBケーブルをPCのUSBコネクタかカードリーダーから取り外します。

念のため、パソコンとiPadをともに再起動して、もう一度接続し直してみると、
タブレット端末(Tablet device)のハードウェアの認識の状態が、復旧できる見込みがあります。

iTunesでの同期ができない時に修復するには?

次に、Apple製の機器のパソコン用の管理ソフトウェアである「iTunes」(アイチューンズ)も、
必ずMacやWindowsにインストールして、セットアップしておきましょう。

音楽や写真はiPadの中だけで再生・鑑賞できるだけでなく、お持ちのパソコンと同期(sync)して接続して、
両方のコンピューターで音楽ファイルや写真データを共有して、交換しながら楽しむことも可能です。

ですが、同期がなぜかうまくいかずiTunesの「デバイス」の項目で表示されない場合は、
一度ソフトウェアのアップデートを解除して初期状態に戻すか、
パソコンからアンインストールして、再度iTunesをセットアップして復旧をされてみてください。

iOSのアップデートでエラーが出た時に復元するには?

稀に、iPadの接続の順番の入れ違いや、アップデートの際のたまたまのエラーといった不具合で読み込みができず、
正常にiTunesで「デバイス」が認識しないケースもあります。

その時はiTunesをいったん閉じて、先にiPadを接続してパソコンに同期してからiTunesを開く、
という手順で、デバイスの再接続による認識を行ってみましょう。

また、タブレットPCが故障した時に修理するには?という疑問については、こちらのページにて。

また、アイパッドのiOSのアップデートに失敗して正常に読み込めなくなることも稀に起こりえます。

その際には、一度iPadの本体を持ち込みか宅配便にてAppleサポートの店に出して、
OSの状態を初期化してもらうなどの処置で、元に戻してもらってみてください。

iPadが破損した時に故障の修理をしてもらう

次に、iPadを持ち歩いている途中で、もし固い地面や床に落としてしまったり、
強い圧迫で液晶モニターの画面が割れたり、ボタンが壊れてしまった場合に復旧する方法について。

まず、電源自体がまだ起動できて、アイパッドのオペレーティングシステムが正常に動けば、
パソコンに同期することで、中身の音楽や写真のデータは認識できて読み出すことができます。

しかし、いつiPadが完全に壊れてしまい、デバイスが認識しない状態になるかわからないので、
本体が物理的に破損した時は、Appleサポートか、私設のコンピューター修理サービスに出して
内部の回路の部品か本体の交換の作業にて、直してもらわれることをお薦めします。