iPhoneのデータをiTunesでバックアップするには?

Appleより販売されているスマートフォン「iPhone」(アイフォン)では、Apple Storeなどから
様々なお役立ちのデータをダウンロードしたり購入をして、機能を便利に拡張していく事ができます。

ファイルやフォルダーは一度iPhoneのiOS上にダウンロードしてセットアップすれば、基本的にそのままずっと使い続けられます。

しかし、データファイルによっては定期的に最新バージョンのプログラムにアップデートして
定期的に機能やサービスの更新を行う必要もあります。

ですが更新インストールの作業の時に、稀にアップデートに失敗してしまい、
ソフトウェアが正常に動かなくなってしまう例もあります。

更新プログラムにバグや破損箇所が生じていたり、アップデートの途中で電波が遮断されたりバッテリーが切れたり、
強い衝撃を物理的に受けたりと様々な理由も考えられるのですが、一度データが破損すると少し面倒な場合もあります。

また、iPhone自体が物理的なダメージや水濡れ、内部回路の破損、OSの障害などで故障してしまったり、
どこかに落としたり置き忘れて紛失してしまった場合、せっかくダウンロードしたデータも一緒に失ってしまいます。

これらのトラブルが起きてしまい、その後で購入済みのデータを再ダウンロードする際には「権利型アドオン」なら
料金がかからず再びダウンロードができて、逆に「消費型アドオン」のデータはもう一度料金の支払いが必要になります。

しかしどちらにしても、もう一度Apple Storeからデータを探して購入し直したり、
更新アップデートを行うなど手間のかかる作業を繰り返さなければなりません。

そこで予め、iTunesを使って、外付けハードディスクやRAID、ネットワークアタッチストレージに
バックアップを取っておくと、いざという時に助かります。




Appを保存

まずはお使いのパソコンにiTunes(アイ・チューンズ)のソフトをセットアップして、
iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続して同期します。

メニューの「ファイル」を選択して「購入した項目をiPhoneから転送」をクリックします。
次にライブラリを開くと各データの一覧が表示されます。

各アイコンを右クリックして『Windows エクスプローラで表示』を選ぶと、
フォルダーやプログラムファイルが保存されているフォルダが表示されます。

ここからパソコン上のiTunesなどのフォルダや外付けHDDにコピーしてバックアップします。

このソフトウェアの起動には購入した時のApple IDが必要になります。

ファイルをもう一度iPhoneに戻す時は、ファイル⇒ライブラリ⇒「ライブラリをエクスポート」で
フォルダからデータを選択して、「保存」を押します。
または手動で両方のフォルダを開いてコピーして貼り付けます。

「”~~”がすでにiTunes ライブラリにあります。現在移動中~で置き換えますか?」
のメッセージが出たら「置き換える」を選択します。

また、ついでにカメラ機能で撮影した写真画像や、住所録、メールなども一緒に
iTunesやiCloudでバックアップを取っておくと良いでしょう。

しかし、もしもバックアップを取ってなくてiPhoneのデータを間違えて削除したり、
スマートフォン本体が物理的に壊れてしまった時は、アップル製品を請け負っている
データ復旧サービス会社にて、診断と復元作業を行ってもらわれることをおすすめします。