Androidの電話連絡先(アドレス帳)のデータを復元するには?

Google(グーグル)から開発されています、携帯汎用オペレーティングシステムの、
Android(アンドロイド)が搭載されたスマートフォンをお使いの際に、
モバイル端末の内部にあるストレージに保存された電話連絡先のデータを失ってしまったら、
どうすれば多機能型携帯電話のアドレス帳を復元することができる?という疑問について。

Androidのスマートフォンが故障するトラブル

まず、NTT docomo(ドコモ)やau(KDDI)で使われるSony EricssonのXperiaといった、
スマートフォンには、Googleより開発・提供されているAndroid(アンドロイド)のOSが搭載されています。

またスマートフォンの連絡先には携帯電話と同様に家族、友人、知人、行きつけのお店、取引先の会社、
よく訪れる施設、といった所の電話番号や住所、メールアドレスなどの連絡先を登録できます。

一度連絡先のデータを入力して登録しておけば、次回から電話番号の打ち込みを省略できます。

また、詳細を見直してチェックするのにも便利になります。

しかし、もしもお使いのAndroidのスマートフォンを保護カバーを付けずに、
どこかにぶつけてしまったり、硬い床に落としたり水濡れして壊れてしまったり、
またはスマホの本体をなくして、電話連絡先のデータごと紛失してしまったら、復旧するのがまた大変です。




電話連絡先のデータをバックアップするには?

次に、住所録や電話番号の控えである連絡先の一覧のデータまでなくしてしまうと、
また次に買う携帯番号に入力し直さなければならず、
時にはもう一度一件ずつ、電話番号を聞き直したり調べ直す手間もかかります。

そんなもしもの時に、書き直しや調べ直しアドレス帳を作成し直す手間を回避するために、
Androidで保管している連絡先のデータファイルをまとめてバックアップして保存する方法もあります。

また、Androidを搭載しているスマートフォンはいくつもあるのですが、
ここではSony Ericsson(ソニー)から開発されている、Xperia(エクスペリア)の例で説明いたします。

Androidのアドレス帳のファイルを保存する手順

まずは、Androidのトップメニューの画面を開きます。

下のバーの「電話」をタップして、「連絡先」の項目をタップします。

右下のボタンを押して「連絡先エクスポート」をタップします。

そしてメモリーカードを選択して、「OK」を押します。

これで、スマートフォンに現在差し込みしている、Androidの機能で保存したSDカードの、
「sdcard/SD-PIM」といった名称のフォルダーに、電話連絡先のデータファイルがコピーされます。

その中に入っている「PIM00001.vcf」といった名前のファイルの拡張子を、
スマートフォンを同期してPC上のフォルダーにコピーでバックアップをして、アドレス帳の保存は完了です。

また、連絡先の追加、移動、読み込みの仕方なども参考までに。

別のアンドロイドのスマートフォンにデータを復元

もしも、後にAndroidのスマートフォンが壊れて買い替えをした時に、後でまたパソコンと同期して、
その電話連絡先のファイルを、今度は「インポート」する以前と同じようにして、データを復元できます。

また、別の手法として、Googleにログインして同期(Googleと結合)して、メニューキーから、
その他⇒表示オプションとタップして「System Group: My Contacts」にチェックを入れてます。

そして、「OK」を押して完了です。

また、Googleドライブでデータを自動バックアップして復旧する方法については、こちらのページにて。

データ復旧サービスでモバイル端末を見てもらう

次に、もしもこれらの方法で連絡先のバックアップを取っていなかった時に、
Androidのスマートフォンが壊れてしまい開けなくなった場合に、データを復元する方法について。

まずは、携帯電話会社の窓口に持っていって、簡単に状態を見てもらいましょう。

液晶モニターの画面やボタンが割れて、押せなくなるくらいの破損でしたら、
内部のコンピューターはまだ無事なので、データを取り出せる見込みもあります。

しかしそれ以上の破損で、中身も壊れていて同期もできない状態の場合は、
専門のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて診断をしてもらい、
連絡先やメールなどのデータの復元をしてもらわれることをおすすめします。