iPod shuffleのデータを復元するには?

Apple製のポータブル音楽プレイヤーの、iPod shuffleでダウンロードしたミュージックといったデータは、
パソコンに同期接続して、HDDの内部や他の補助記憶媒体にコピーすることで、バックアップができます。

ですが、もしもその前に突然の端末の故障やシステムエラー、間違った消去、物理的な破損などで、
データが読み込めなくなってしまった場合には、どのようにすれば復元できる?という疑問について。

iPod shuffleが正常に操作できなくなったら?

まず、iPod shuffle(アイポッド・シャッフル)とは、Apple社から提供・販売されている、
デジタルオーディオプレーヤーのiPodシリーズの一つです。

他の同社の機種との違いは、液晶モニターがなく、本体がUSBメモリーと同じような機能を備えている点です。

液晶モニターが搭載されていない製品なので、使用の際に正常に操作できなくなる問題が起きた時は、
まず側面にあるステータスランプの点灯の具合を確認してください。

たとえば電池(バッテリー)が故障している場合は、交換をしてもらう必要があります。




iTunesの機能を使用してバックアップから復元するには?

次に、誤ってiPod shuffleから音楽ファイルを消去してしまった場合には、
そのままではミュージックのデータを元に戻すのが難しくなります。

ですが事前に、パソコンへのUSB接続を通して、専用の管理ソフトウェアである、
iTunes(アイチューンズ)でデータのバックアップをしていれば、自力での修復を試みることができます。

まず、パソコンにインストール・セットアップをしたiTunesの画面を開きます。

iPod shuffleを、付属のUSBケーブルでパソコンのUSBポートに接続して、コンピューターに同期します。

ファイル→デバイス→「バックアップから復元」を選択して、
指定の操作にて、内部のファイルを移し替える形で復元の作業を行います。

システムのリセットをしてトラブルから修復するには?

iPod shuffleの電源を再起動しても、音楽の再生機能がうまく動かなかいなど、
システム的なトラブルから修復できない時は、内部のデータのバックアップが済んでいましたら、
一度、工場の出荷前の状態に端末をリセットをして復旧する方法があります。

通常のアイポッドを読み込みできない時には、iPod shuffle リセットユーティリティを、
Macのパソコンにインストール・セットアップします。

こちらのプログラムを使って、ソフトウェアバージョンをアップデートして、
アイポッド・シャッフルをリカバリーをすることができます。

(iPod shuffleをリセットすると、フラッシュメモリに保存されたデータは消去されるのでご注意ください。)

また、PCのiTunesでiPod shuffleを管理する手順も、参考までに。

アイポッド・シャッフルが故障してしまったら?

次に、たとえば端末本体のボタンが正常に押せなくなっただけで、電源自体はまだ付く状態でしたら、
製品に付属されたUSBケーブルを通してパソコンに繋げて、同期をされてみてください。

正常に同期接続ができましたら、iTunesを起動して、アイポッド・シャッフルから、
必要なデータのバックアップを実行されてみてください。

また、iPod(アイポッド)が故障してしまった時に修理するには?という疑問については、こちらのページにて。

iPodから失ったデータを復旧するには?

次に、iPod shuffleの本体が水に浸かってしまったり、物理的な強い衝撃を受けたりして壊れてしまったら、
そのままでは読み込みができないことが多いです。

パソコンに繋げてからもアイポッド・シャッフルのデバイスが認識できない状態の場合は、特に深刻です。

まず、モバイル端末の本体の修理でしたらAppleサポート、または電子機器の修理サービスで行ってもらえます。

ですが、携帯型デジタル音楽プレイヤー(portable audio player)の、
アイポッド・シャッフルの内部には、マイクロドライブのHDDではなく、
フラッシュメモリが格納されていて、現在の技術では中身のデータの取り出しは困難となります。

修理が終わった後に音楽データを再ダウンロードすることで、復旧をされてみてください。

ハードディスクに保存したファイルを削除した後で復元

iPod shuffleの本体ではなく、バックアップしていた外付けHDDやパソコンに内蔵されたハードディスクから、
間違えてファイルを削除してしまった、またはストレージが故障してしまった、という場合には、
専門事業のデータ復旧サービスの方で、失われたファイルのリカバリーをしてもらうこともできます。

(データを取り出す形で復元する際に、PCなどの機器を分解する作業が必要となり、
 パソコン本体の修理保証が効かなくなる場合もありますので、事前にご了解ください。)

間違えてファイルの拡張子を消去してしまった場合は、別のデータを後から上書き保存しないようにして、
またあまり十数年と長い時間をおかれないように、
なるべく早めに、データリカバリーサービスへの注文をされてみることも推奨します。